{"prg_cd":"113187"}
{"prg_cd":"111291"}
{"prg_cd":"114324"}
{"prg_cd":"114823"}
{"prg_cd":"113881"}
{"prg_cd":"114501"}
{"prg_cd":"113905"}
{"prg_cd":"114500"}
{"prg_cd":"113093"}
{"prg_cd":"114822"}
{"prg_cd":"114312"}
{"prg_cd":"112632"}
{"prg_cd":"114606"}
{"prg_cd":"114207"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113986"}
{"prg_cd":"114824"}
{"prg_cd":"114156"}
{"prg_cd":"114147"}
{"prg_cd":"114044"}
{"prg_cd":"113914"}
{"prg_cd":"113879"}
{"prg_cd":"114069"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"113202"}

映画
ロマンシング・ストーン 秘宝の谷[吹替補完版]

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷[吹替補完版]
現在、放送予定はありません。

R・ゼメキス監督+M・ダグラス&K・ターナー共演による痛快なロマンティックアドベンチャー。ジャングルを舞台に、ロマンス小説家の女性が危機また危機に巻き込まれる。

南米を訪れた女性作家が、伝説のエメラルドをめぐる争いに巻き込まれ、自身が書く冒険ロマンス小説のような決死行へ。笑いとスリルの連射で観客を引き込むロマンティックアドベンチャーの快作。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作や「フォレスト・ガンプ 一期一会」のヒット監督ゼメキスの出世作ともなった。「白いドレスの女」のターナーが危機を体験するたびに美しさを増すヒロイン役を好演。共演のダグラス、D・デヴィートとの掛け合いも楽しい。本作の大ヒットを受け、続編「ナイルの宝石」も作られた。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
ロマンシング・ストーン 秘宝の谷[吹替補完版]

R・ゼメキス監督+M・ダグラス&K・ターナー共演による痛快なロマンティックアドベンチャー。ジャングルを舞台に、ロマンス小説家の女性が危機また危機に巻き込まれる。

ニューヨーク。冒険ロマンス小説の人気女性作家ジョーンのもとに、中米コロンビアに住む姉から連絡が入る。姉はギャングに誘拐されており、数日前ジョーンへ送った地図を持って来てほしいというのだ。ジョーンは地図を手に現地へ飛ぶが、コロンビアに着いた矢先、地図を狙う悪徳軍人ゾロに困らされる。なんとかゾロから逃れたジョーンだったが、がめつい流れ者のジャックと知り合い、いがみ合いながらも彼と旅を続けることに……。

作品データ

  • 原題/Romancing the Stone
  • 制作年/1984
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(吹替版)/106分
  • ジャンル/アクション/冒険

楽曲情報

  • エディ・グラント
    Romancing the Stone

出演

役名 役者名
ジョーン キャスリーン・ターナー 藤田淑子/渡辺明乃
ジャック マイケル・ダグラス 津嘉山正種
ラルフ ダニー・デヴィート 池田勝
アイラ ザック・ノーマン 八奈見乗児/浦山迅
ホアン アルフォンソ・アラウ 千田光男
ゾロ マニュエル・オヘーダ 田中信夫
グロリア ホランド・テイラー 谷育子

スタッフ

  • 監督
    ロバート・ゼメキス
  • 製作
    マイケル・ダグラス
  • 脚本
    ダイアン・トーマス
  • 撮影
    ディーン・カンディ
  • 音楽
    アラン・シルヴェストリ

関連特集

夜更かしシネマ

月曜夜11:00は大人の時間

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

夜更かしシネマ

月曜夜11:00は大人の時間

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの