映画
どついたるねん

どついたるねん
現在、放送予定はありません。

“浪速のロッキー”と呼ばれるプロボクサーだった赤井英和が映画主演デビュー。赤井自身を思わせるボクサーの再起を描いた、傑作日本映画。阪本順治が本作で監督デビュー。

阪本監督がこのデビュー作で第11回ヨコハマ映画祭で作品賞などに輝いて絶賛され、一躍日本映画の一線に躍り出た話題作。大阪の町を舞台に、“日本版「ロッキー」”を思わせる若手ボクサーの熾烈なサクセスストーリーが展開。タフでアクが強いキャラクターたちが集まる中、自身をモデルにした主人公役で赤井が男っぽい魅力を存分に発揮。バイタリティーみなぎる阪本演出によって観客もリングに上がるような興奮が味わえる。荒戸源次郎が製作し、相楽晴子、原田芳雄ら実力派俳優陣も新人コンビを強力にバックアップ。

どついたるねん

“浪速のロッキー”と呼ばれるプロボクサーだった赤井英和が映画主演デビュー。赤井自身を思わせるボクサーの再起を描いた、傑作日本映画。阪本順治が本作で監督デビュー。

世界タイトルマッチ目前の試合で重傷を負ってしまった若手ボクサーの英志は、やむなくプロボクシング界から引退することに。新たなボクシングジムを開いて再出発し、そこへ現われた元チャンピオンの左島にコーチを頼むが、英志のひとりよがりな方針に反発して、左島や門下生たちは次々とジムを去る。一方、英志自身、もう一度リングに立つ夢を捨てることができず、左島を呼び戻してボクサーとしてのトレーニングを再開するが……。

作品データ

  • 制作年/1989
  • 制作国/日本
  • 内容時間/110分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
英志 赤井英和
貴子 相楽晴子
左島 原田芳雄
鴨井大介 麿赤兒
清田さとる 大和武士
北山次郎 美川憲一
宮田 芦屋小雁
英志の母親 正司照枝

スタッフ

  • 監督
    阪本順治
  • 製作
    荒戸源次郎
  • 脚本
    阪本順治
  • 撮影
    笠松則通
  • 音楽
    原一博

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの