映画
E.T.

E.T.

9/26(木)午前7:00

S・スピルバーグ監督によるSFファンタジーの名作。10歳の少年と地球に取り残された地球外生命体(E.T.)が、星を超えた友情を育んでいく姿を感動的に描き出す。

全世界に大ブームを巻き起こした巨匠スピルバーグの傑作SFファンタジー。宇宙人でなく、地球外生命体(THE EXTRA TERRESTRIAL)という専門的な呼称を一躍一般化させた。子どもたちとの交流を重ねるうち、一見グロテスクに見えるE.T.の姿が、どんどん愛らしく見えてくるスピルバーグの演出手腕はみごとのひと言。CG普及以前の、メカトロニクスなどの特撮技術を駆使したE.T.の生物的な動きにも驚かされるだろう。主人公の妹役を、子役時代のD・バリモアが演じたことでも有名だ。

My番組登録者数
  • 236
E.T.

S・スピルバーグ監督によるSFファンタジーの名作。10歳の少年と地球に取り残された地球外生命体(E.T.)が、星を超えた友情を育んでいく姿を感動的に描き出す。

10歳の少年エリオットは、両親の離婚で母と兄、妹と郊外の住宅地に暮らしていた。ある日、彼は自宅の庭に迷い込んだ不思議な生物を発見。それは宇宙船から置き去りにされた宇宙人だった。エリオットは宇宙人を部屋にかくまい、地球外生命体を意味する“E.T.”と名付ける。奇妙な共同生活を続けながら、エリオットと兄妹はE.T.と心を通わせていく。一方、NASAの調査隊が逃げたE.T.を執拗に捜しており……。

作品データ

  • 原題/E.T.: The Extra-Terrestrial
  • 制作年/1982
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/115分
  • 内容時間(吹替版)/115分
  • ジャンル/SF/ファンタジー

受賞歴

  • 第55回(1982)アカデミー賞視覚効果賞「カルロ・ランバルディ他」
  • 第55回(1982)アカデミー賞音響賞
  • 第55回(1982)アカデミー賞音響効果編集賞
  • 第55回(1982)アカデミー賞作曲賞「ジョン・ウィリアムズ 」

出演

役名 役者名
エリオット ヘンリー・トーマス 村上想太
ガーティ ドリュー・バリモア 松野瞳
メアリー(エリオットの母) ディー・ウォーレス 藤生聖子
キーズ ピーター・コヨーテ 牛山茂
マイケル ロバート・マクノートン 林勇
タイラー C・トーマス・ハウエル 宮野真守

スタッフ

  • 監督
    スティーヴン・スピルバーグ
  • 製作
    スティーヴン・スピルバーグ
  • 製作
    キャスリーン・ケネディ
  • 脚本
    メリッサ・マシソン
  • 撮影
    アレン・ダヴュー
  • 音楽
    ジョン・ウィリアムズ
  • SFX
    カルロ・ランバルディ
  • SFX
    ILM
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの