映画
羅生門

羅生門
現在、放送予定はありません。

巨匠・黒澤明監督が第12回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を、第24回アカデミー賞で名誉賞を受賞。監督が“世界のクロサワ”と呼ばれるきっかけになった記念碑的名作。

原作は芥川龍之介の短編「藪の中」と「羅生門」。特に前者と同様、異なる人物のそれぞれの視点から同じ物語を振り返るという、後のクエンティン・タランティーノ監督作品「レザボア・ドッグス」に通じる“内的多元焦点化”を使ったストーリーテリングがユニークだ。また、映像面も、太陽に対してカメラを向けるという、当時の映画界でタブーだった撮影方法にも挑戦。優れた監督でもあり脚本家でもある黒澤の、その両方の才能が開花した点で忘れられない1本に。三船敏郎、志村喬、京マチ子ら充実したキャストも熱演。

My番組登録者数
  • 0
羅生門

巨匠・黒澤明監督が第12回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を、第24回アカデミー賞で名誉賞を受賞。監督が“世界のクロサワ”と呼ばれるきっかけになった記念碑的名作。

平安時代、京の羅生門。雨宿りで訪れたある庶民は放心状態の木こりと旅法師と出会い、木こりと旅法師が関わった事件のことを彼らから聞く。木こりはある武士の遺体を見つけたが、その後武士の妻は盗賊の多襄丸と旅した。多襄丸は武士を殺してその妻を手ごめにしたと思われたが、当局に捕まった多襄丸は、武士との決闘で勝利した後、彼女が逃亡したと証言。事件は関係者たちの異なる視点を通じ、意外な真相を浮かび上がらせていく。

作品データ

  • 制作年/1950
  • 制作国/日本
  • 内容時間/88分
  • ジャンル/歴史劇/時代劇/西部劇

受賞歴

  • 第12回(1951)ヴェネチア国際映画祭金獅子賞「黒澤明」

出演

役名 役者名
多襄丸 三船敏郎
真砂(武士の妻) 京マチ子
金沢(武士) 森雅之
木こり 志村喬
旅法師 千秋実

スタッフ

  • 監督
    黒澤明
  • 脚本
    黒澤明
  • 脚本
    橋本忍
  • 撮影
    宮川一夫
  • 音楽
    早坂文雄
  • 美術
    松山崇

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • ネタバレそれだけで終わらない…

    • ★★★★★
    • herocomeon
    • 2016/08/08 13:58

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

    • ★★★★★
    • ウォルシュ
    • 2012/08/26 11:31

    「わかんねぇ。」
    台詞から引き込まれていく作品。
    この言葉の繰り返しが、今から何が始まるのだろうかと
    ワクワクさせる。

    雨の降る薄暗い羅生門から
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの