映画
トラック野郎 御意見無用

トラック野郎 御意見無用
現在、放送予定はありません。

2014年11月28日に逝去した俳優、菅原文太が主演した、「仁義なき戦い」と並ぶ人気シリーズ「トラック野郎」。その1975年に公開された、記念すべき第1作。

菅原が演じる一本気なタフガイ《一番星》や愛川欽也が演じる温和な《やもめのジョナサン》など、義理や人情で結ばれた彼ら《トラック野郎》たちが、日本各地で困難な仕事をやりとげる痛快アクションコメディ。シリーズの名物はイルミネーションなどで派手に装飾した《デコトラ》の数々で、本作をきっかけに当時大流行。シリーズは全部で10本が作られた。おっちょこちょいで女性にシャイな《一番星》だが、大型トラックを走らせると男っぽさ満点。好演した菅原の魅力はいつまでも《星》のように輝くだろう。

My番組登録者数
  • 0
トラック野郎 御意見無用

2014年11月28日に逝去した俳優、菅原文太が主演した、「仁義なき戦い」と並ぶ人気シリーズ「トラック野郎」。その1975年に公開された、記念すべき第1作。

ケンカっ早い独身の長距離トラック運転手、《一番星》こと星桃次郎と、妻や何人もいる子どもを養うのに忙しい《やもめのジョナサン》こと松下金造。2人は性格も生活の様子も正反対だが固い友情で結ばれた同業者同士。トラックの装飾とハンドルさばきを自慢する桃次郎に、西日本一のトラック野郎を自称する《関門のドラゴン》が挑戦してくる。同じころ、桃次郎は盛岡のドライブインで働くウエートレスの洋子に一目惚れしてしまう。

作品データ

  • 制作年/1975
  • 制作国/日本
  • 内容時間/98分
  • ジャンル/コメディ

出演

役名 役者名
星桃次郎(一番星) 菅原文太
松下金造(やもめのジョナサン) 愛川欽也
松下君江(ジョナサンの妻) 春川ますみ
洋子 中島ゆたか
モナリザのお京 夏純子
関門のドラゴン 佐藤允

スタッフ

  • 監督
    鈴木則文
  • 脚本
    鈴木則文
  • 脚本
    澤井信一郎
  • 撮影
    仲沢半次郎
  • 音楽
    木下忠司

ユーザーレビュー

現在、5件のレビューが登録されています。

  • 悲しい事実!!

    • ★★★★★
    • マエダトシヤ
    • 2018/08/02 16:01

    此の度トラック野郎シリーズが一挙放送?って事で楽しみにしていたら…なんと第三作(望郷一番星)だけ放送無??
    メールで問い合わせたら(民放連の放送基準に照らし合わ
    続きを読む

  • 輝き続ける一番星

    • ★★★★☆
    • newmorning
    • 2015/02/13 00:47

    いやぁ、何度見ても面白い。桃次郎の男気は言うまでも無く、ジョナサンが子供引き取る台詞なんて格好良いし、春川ますみのからっとした明るさも素敵だった。子供の頃見てた 続きを読む

  • ネタバレテーマソングの一番星ブルース

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2015/01/26 17:11

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 一番星が地味

    • ★★★★☆
    • jun市
    • 2015/01/03 00:38

    真の主役ともいえるデコトラの一番星がのちのシリーズに比べ、まだ装飾が地味だったことに驚き。(プラモデルにもなった2作目以降のイメージが大きいだけに)
    桃次郎が
    続きを読む

  • 驚きと悲しさでいっぱい!

    • ★★★★★
    • 祭ばやしが聞こえる
    • 2014/12/02 13:01

    先日の高倉健さんの訃報に驚き、続いて菅原文太さんの訃報・・・。ますます昭和が遠のいて行く感じがして泣けてきます。是非、『トラック野郎』シリ-ズを企画して頂きたい 続きを読む

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの