{"prg_cd":"018264"}
{"prg_cd":"114375"}
{"prg_cd":"115122"}
{"prg_cd":"114708"}
{"prg_cd":"113891"}
{"prg_cd":"115121"}
{"prg_cd":"114987"}
{"prg_cd":"114873"}
{"prg_cd":"111499"}
{"prg_cd":"114687"}
{"prg_cd":"115224"}
{"prg_cd":"114917"}
{"prg_cd":"114915"}
{"prg_cd":"114916"}
{"prg_cd":"114924"}
{"prg_cd":"115085"}
{"prg_cd":"112333"}
{"prg_cd":"114372"}
{"prg_cd":"114992"}
{"prg_cd":"115137"}
{"prg_cd":"114480"}
{"prg_cd":"115237"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"115222"}
{"prg_cd":"115051"}

映画
花嫁のパパ

花嫁のパパ
現在、放送予定はありません。

S・マーティンが娘の結婚でパニック状態になるパパ役に扮した、笑いと涙のファミリーコメディ。E・テイラー主演の名作「花嫁の父」(1950)を再映画化。続編も誕生。

アカデミー賞で司会を務めたこともある人気男優マーティン主演。好評に応えて続編「~2」も作られた。娘を花嫁として送り出す父親の心情は、うれしいような、寂しいような……。それは古今東西どこでも同じ。そのプレッシャーのせいで式が近づく毎日、混乱しっ放しという親馬鹿パパをマーティンが楽しく好演。また公開当時に来日し、チャーミングな魅力をふりまいた娘役の美少女K・ウィリアムズのウェディングドレス姿もキュート。その弟役は「ホーム・アローン」で兄マコーレー・カルキンと共演していたキエラン。

My番組登録者数
  • 0
花嫁のパパ

S・マーティンが娘の結婚でパニック状態になるパパ役に扮した、笑いと涙のファミリーコメディ。E・テイラー主演の名作「花嫁の父」(1950)を再映画化。続編も誕生。

中流家庭の父親ジョージは、ヨーロッパ留学から帰国した娘のアニーが突然、結婚すると言いだしたことに大変なショックを受ける。以来、相手の男性ブライアンが娘にふさわしい性格かどうか疑ったり、式の段取りを決める打ち合わせから逃げだしたり、警察の厄介になったりと、落ち着きをなくしたジョージは次々に事件を起こしてしまう。それでも妻ニーナに説得され、結婚式の準備に向き合うようにするが……。

作品データ

  • 原題/Father of the Bride
  • 制作年/1991
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(吹替版)/106分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春・コメディ

出演

役名 役者名
ジョージ・バンクス スティーヴ・マーティン 富山敬
ニーナ ダイアン・キートン 宗形智子
アニー キンバリー・ウィリアムズ 松本梨香
マット キエラン・カルキン 鎌手宣行
フランク マーティン・ショート 江原正士
ブライアン ジョージ・ニューバーン 入江崇史

スタッフ

  • 監督
    チャールズ・シャイア
  • 製作
    ナンシー・マイヤーズ
  • 製作
    キャロル・バウム
  • 製作
    ハワード・ローゼンマン
  • 脚本
    フランシス・グッドリッチ
  • 脚本
    アルバート・ハケット
  • 脚本
    ナンシー・マイヤーズ
  • 脚本
    チャールズ・シャイア
  • 撮影
    ジョン・リンドレー
  • 音楽
    アラン・シルヴェストリ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの