映画
グッバイガール

グッバイガール
現在、放送予定はありません。

N・サイモンが脚本を書き、R・ドレイファスが当時史上最年少でアカデミー賞の主演男優賞に輝いたロマンティックコメディ。NYでシングルマザーが売れない男優との恋へ。

ブロードウェイを代表し、映画界でも活躍した米国の名戯曲家サイモンが脚本を担当し、大人の男女が第二の人生に懸ける姿を描いた笑いと感動の物語。タイトルはいつも男性に逃げられてしまうヒロインのこと(演じるのは当時サイモンの妻だったM・メイソン)だが、サイモンやH・ロス監督が登場人物陣に向けた視線は温かく、ドレイファスの好演ともども全編にあふれる優しさが心地よい。第50回アカデミー賞では作品賞など計5部門の候補になり、同年、「愛と喝采の日々」も当てたロス監督には最良の年となった。

My番組登録者数
  • 0
グッバイガール

N・サイモンが脚本を書き、R・ドレイファスが当時史上最年少でアカデミー賞の主演男優賞に輝いたロマンティックコメディ。NYでシングルマザーが売れない男優との恋へ。

NY。33歳になるシングルマザーのポーラは、10歳の娘ルーシーと暮らしているが、交際する男性から、いつもいきなり“さよなら(グッバイ)”を言われて逃げられてしまっていた。今の恋人の男優も映画出演が決まると、彼女のもとから去っていく。そんな男優の友人であるエリオットという売れない男優が現われ、母娘が住むアパートを譲り受けたと主張。話し合いの結果、3人で同居する、ちょっと不思議な共同生活が始まり……。

作品データ

  • 原題/The Goodbye Girl
  • 制作年/1977
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/111分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

受賞歴

  • 第50回(1977)アカデミー賞主演男優賞「リチャード・ドレイファス」

出演

役名 役者名
エリオット リチャード・ドレイファス
ポーラ マーシャ・メイソン
ルーシー クイン・カミングス
マーク ポール・ベネディクト
ドナ バーバラ・ローズ
クロスビー夫人 テレサ・メリット

スタッフ

  • 監督
    ハーバート・ロス
  • 製作
    レイ・スターク
  • 脚本
    ニール・サイモン
  • 撮影
    デヴィッド・M・ウォルシュ
  • 音楽
    デーヴ・グルーシン

関連特集

アカデミー賞特集2020

ビッグイベントを記念して名作・秀作を特集

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

アカデミー賞特集2020

ビッグイベントを記念して名作・秀作を特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの