映画
燃えよドラゴン

燃えよドラゴン

9/12(土)午前11:30

アジアが生んだ伝説のアクションスター、B・リーのハリウッド初主演作。全世界にカンフーブームを巻き起こした記念碑的大ヒット作。リー演じるカンフーの名手が悪と対決!

俳優である前に優れた武道家リー。本物ならではのカンフー技は目にも止まらぬ速さで、公開当時、観客をひとりも残さず圧倒。リーが発する怪鳥音(“アチョー”“ホワー”などの雄叫び)や武器のヌンチャクもその神話性を強化。だが本作で一躍世界のカリスマになったリーだが、本作の香港での公開直前の1973年7月20日(日本公開の約半年前)にまだ32歳の若さで急死、ファンを悲しませた。監督は後に「ブルース・リー 死亡遊戯」も手掛けるR・クローズ。後の大物陣、J・チェン、サモ・ハンも小さな役で出演。

My番組登録者数
  • 271
燃えよドラゴン

アジアが生んだ伝説のアクションスター、B・リーのハリウッド初主演作。全世界にカンフーブームを巻き起こした記念碑的大ヒット作。リー演じるカンフーの名手が悪と対決!

香港。少林寺のカンフーの達人である青年リーは英国情報局から、香港黒社会の大物ハンが南シナ海の要塞島で開催する武道トーナメントに出場し、ハンの麻薬ビジネスを調査するよう依頼される。1度は申し出を拒否したリーだが、ハンが少林寺の教えを悪用していることなどを知り、潜入任務を引き受けることに。トーナメントにはリーだけでなく、米国のウィリアムズやローパーといった武道の達人もそれぞれ目的があって出場するが…。

作品データ

  • 原題/Enter the Dragon
  • 制作年/1973
  • 制作国/アメリカ/香港
  • 内容時間(字幕版)/103分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
リー ブルース・リー
ローパー ジョン・サクソン
ウィリアムズ ジム・ケリー
ス・リン アンジェラ・マオ
タニア アーナ・カプリ
オハラ ロバート・ウォール
ハン シー・キエン
地下室の戦闘員 ジャッキー・チェン
冒頭の武術大会の出場者 サモ・ハン

スタッフ

  • 監督
    ロバート・クローズ
  • 製作
    フレッド・ワイントローブ
  • 製作
    ポール・ヘラー
  • 共同製作
    レイモンド・チョウ
  • 脚本
    マイケル・オーリン
  • 撮影
    ギルバート・ハッブス
  • 音楽
    ラロ・シフリン

関連特集

映画に出会う![生誕80年 ブルース・リー特集]

今なお人気が衰えないカンフースターの足跡

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ「燃えよドラゴン」最初の試写会

    • ★★★★★
    • サプライズ
    • 2010/11/02 23:32

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

映画に出会う![生誕80年 ブルース・リー特集]

今なお人気が衰えないカンフースターの足跡

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの