映画
ベン・ハー(1959)

ベン・ハー(1959)
現在、放送予定はありません。

第32回アカデミー賞で史上最多タイの計11部門を受賞した、映画ファン要注目編。古代ローマ時代、勇敢な若者ベン・ハーが劇的な運命をたどる歴史スペクタクルの超大作。

西暦1世紀初頭、ローマ帝国支配下にあったユダヤの地を舞台に、ひとりの勇敢な若者(ヘストンが演じる)の波乱に富んだ運命を、スケールたっぷりに描いた本格史劇ドラマの超大作。巨額の予算を惜しげもなく投じ、古代ローマ時代の世界を壮大に再現した、ハリウッド式スペクタクル映画の一つの頂点である。中でも、9台の馬車が激突しながら疾走するレース場面は、スタントマンたちが実演。VFX全盛となった現在でもまったく遜色がない迫力だ。監督は「ローマの休日」の名匠、W・ワイラー。

My番組登録者数
  • 0
ベン・ハー(1959)

第32回アカデミー賞で史上最多タイの計11部門を受賞した、映画ファン要注目編。古代ローマ時代、勇敢な若者ベン・ハーが劇的な運命をたどる歴史スペクタクルの超大作。

エルサレムの豪族の息子ジュダ・ベン・ハーは旧友のメッサラと再会するが、彼はローマから派遣された新しい総督の部下であり、価値観の相違から2人の仲は決裂してしまう。やがてベン・ハーは母親や妹とともに無実の罪で逮捕されてしまい、ベン・ハーはメッサラに復讐を誓う。しかし抵抗も虚しく、結局奴隷として過酷な労働を強いられてしまうことに。それでもベン・ハーは諦めず、反撃の機会が訪れることを待ち望み続けるが……。

作品データ

  • 原題/Ben-Hur
  • 制作年/1959
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/213分
  • ジャンル/歴史劇/時代劇/西部劇

受賞歴

  • 第32回(1959)アカデミー賞作品賞
  • 第32回(1959)アカデミー賞主演男優賞「チャールトン・ヘストン」
  • 第32回(1959)アカデミー賞助演男優賞「ヒュー・グリフィス」
  • 第32回(1959)アカデミー賞監督賞「ウィリアム・ワイラー」
  • 第32回(1959)アカデミー賞カラー撮影賞「ロバート・サーティース」
  • 第32回(1959)アカデミー賞カラー美術賞「エドワード・カーファグノ、ウィリアム・A・ホーニング他」
  • 第32回(1959)アカデミー賞編集賞「ラルフ・E・ウィンターズ、ジョン・D・ダニング」
  • 第32回(1959)アカデミー賞カラー衣装デザイン賞「エリザベス・ハッフェンデン」
  • 第32回(1959)アカデミー賞音響賞
  • 第32回(1959)アカデミー賞劇・喜劇映画音楽賞「ミクロス・ローザ」
  • 第32回(1959)アカデミー賞特殊効果賞

出演

役名 役者名
ジュダ・ベン・ハー チャールトン・ヘストン
メッサラ スティーヴン・ボイド
アリアス ジャック・ホーキンス
エスター ハヤ・ハララート
イルデリム ヒュー・グリフィス
ミリアム マーサ・スコット
サイモニデス サム・ジャッフェ
ティルザ キャシー・オドネル

スタッフ

  • 監督
    ウィリアム・ワイラー
  • 製作
    サム・ジンバリスト
  • 脚本
    カール・タンバーグ
  • 撮影
    ロバート・サーティース
  • 音楽
    ミクロス・ローザ

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ノーカット日本語吹き替えは超貴重!

    • ★★★★★
    • クロエ4477
    • 2014/04/01 22:25

    またまたやってくれました。WОWОW様。完全日本語吹き替え版はDVDにもブルーレイにも収録されていません。画質も最高でした。これからも市販されている不完全な吹き 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの