映画
七人の侍

七人の侍

1/1(金・祝)午前11:15

“名匠・黒澤明監督の代表作”という呼称すら超え、今や世界中の映画ファンが熱狂的に支持する伝説的古典の域に達した、三船敏郎、志村喬ら主演の名作スペクタクル時代劇。

無力な農民たちと彼らの村を守るため、正義の侍7人が野武士軍団と戦う……。極めてシンプルなシチュエーションを活かしつつ、魅力あふれる見せ場をそこかしこに配置。練りに練ったシナリオとそれをダイナミックに映像化したクロサワ演出が観る者を興奮させずにいられない、全映画ファン必見ともいうべき名作中の名作。製作に3年の期間を費やし、伊豆に5万坪の大ロケ・セットを建造したのも伝説的。また、その卓越したアイデアが米国の「荒野の七人」に翻案されたのも有名。ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞受賞。

My番組登録者数
  • 242
七人の侍

“名匠・黒澤明監督の代表作”という呼称すら超え、今や世界中の映画ファンが熱狂的に支持する伝説的古典の域に達した、三船敏郎、志村喬ら主演の名作スペクタクル時代劇。

戦国時代。ある小さな農村の村民たちは、次々とやって来る野武士たちの襲撃・略奪におびえ、村の外に助っ人を求めることを決める。そして集まったのは、優秀な戦略家である勘兵衛をはじめとする6人、そして豪放だが変人でもある菊千代を加えた計7人の浪人たちだった。彼らは農民たちに厳しい戦闘訓練を施し、来るべき野武士たちとの決戦に備える。そして当日、侍たちと村民たち、野武士たちとの間で壮絶な戦いが繰り広げられる。

作品データ

  • 制作年/1954
  • 制作国/日本
  • 内容時間/207分
  • ジャンル/歴史劇/時代劇/西部劇

出演

役名 役者名
菊千代 三船敏郎
勘兵衛 志村喬
平八 千秋実
七郎次 加東大介
勝四郎 木村功
久蔵 宮口精二
五郎兵衛 稲葉義男
万造 藤原釜足
志乃 津島恵子
利吉の女房 島崎雪子
茂助 小杉義男
街を歩く浪人 仲代達矢

スタッフ

  • 監督
    黒澤明
  • 製作
    本木荘二郎
  • 脚本
    黒澤明
  • 脚本
    橋本忍
  • 脚本
    小国英雄
  • 撮影
    中井朝一
  • 音楽
    早坂文雄
  • 美術
    松山崇

関連特集

映画に出会う![生誕100年 三船敏郎特集]

“世界のミフネ”の生誕100年に合わせて

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • 正しく国宝級の作品

    • ★★★★★
    • herocomeon
    • 2016/05/25 14:31

    …ユル・ブリナー、スティーヴ・マックィーン等の『荒野の七人』を観たら、また観たくなったのでマイ・ライブラリーから探して何十年ぶりかで観てみる。
      今から62
    続きを読む

  • やっぱり名作

    • ★★★★☆
    • ライヤ
    • 2012/10/31 22:25

    黒澤映画の時代劇は本当に素晴らしい。特に侍の度量と器量を計る構成と演出には脱帽する。時代を感じさせないこの名作が日本製で本当に嬉しく思う。

  • 心の糧となる映画

    • ★★★★★
    • ウォルシュ
    • 2012/07/29 12:24

    「七人の侍」=日本映画の最高傑作=黒澤明=映画の神様
    という図式が出来上がっていた私にとって、
    この作品は、あまりにも名高く、
    少し敬遠していたせいもある
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

映画に出会う![生誕100年 三船敏郎特集]

“世界のミフネ”の生誕100年に合わせて

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの