{"prg_cd":"103877"}
{"prg_cd":"113549"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"111288"}
{"prg_cd":"113740"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113645"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113199"}
{"prg_cd":"113211"}
{"prg_cd":"113646"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"113508"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"113647"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113250"}
{"prg_cd":"113756"}
{"prg_cd":"113648"}
{"prg_cd":"113723"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113259"}
{"prg_cd":"110586"}

映画
ベニスに死す

ベニスに死す
現在、放送予定はありません。

名匠L・ヴィスコンティ監督の代表作の1つ。水の都ヴェニス(ヴェネチア)を訪れた老境の作曲家が、ずっと追い求めてきた理想の美を体現するような美少年と出会い……。

ヴィスコンティが終生愛してやまなかった文豪T・マンの中編小説をめくるめく音と映像美を駆使して映画化し、みごと究極のデカダンスを達成。原作では小説家だった主人公の設定をヴィスコンティは思い切って本来マンがモデルにしたロマン派の代表的作曲家マーラー自身と思わせる作曲家に改変。映画の全編にわたってマーラー作曲の優美で官能的な旋律を使い、ドラマに彩りを添えた。老醜を全身に滲ませたD・ボガード会心の名演技と、撮影当時15歳だった美少年B・アンドレセンの両性具有的な不思議な魅力も必見だ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
ベニスに死す

名匠L・ヴィスコンティ監督の代表作の1つ。水の都ヴェニス(ヴェネチア)を訪れた老境の作曲家が、ずっと追い求めてきた理想の美を体現するような美少年と出会い……。

水の都ヴェニス(ヴェネチア)を保養で訪れたドイツの高名な老作曲家アッシェンバッハは、母親とともにホテルに滞在するポーランド人の美少年タジオに出会い、思わず心を奪われる。それ以来、彼はタジオに恋焦がれながら、彼の後を付け回すようになる。一方そのころ、ヴェニスの街にはコレラが猛威を振るい始めていて、町中で消毒が行なわれるように。アッシェンバッハにも死の気配が次第に忍び寄ってくるが……。

作品データ

  • 原題/Morte a Venezia(Death in Venice)
  • 制作年/1971
  • 制作国/イタリア/フランス
  • 内容時間(字幕版)/131分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
アッシェンバッハ ダーク・ボガード
タジオの母親 シルヴァーナ・マンガーノ
タジオ ビョルン・アンドレセン
アッシェンバッハ夫人 マリサ・ベレンソン
アルフレッド マーク・バーンズ
ホテル支配人 ロモロ・ヴァリ
タジオの家庭教師 ノラ・リッチ

スタッフ

  • 監督
    ルキノ・ヴィスコンティ
  • 製作
    ルキノ・ヴィスコンティ
  • 脚本
    ルキノ・ヴィスコンティ
  • 脚本
    ニコラ・バダルッコ
  • 撮影
    パスカリーノ・デ・サンティス
  • 音楽
    グスタフ・マーラー

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの