新着番組

メトロポリタン・オペラ フィリップ・グラス《アクナーテン》 MET初演/新演出

メトロポリタン・オペラ フィリップ・グラス《アクナーテン》 MET初演/新演出
放送予定日

9月放送・配信予定

無比なスケールで描く死と生についての物語。ミニマリズムの巨匠フィリップ・グラスの楽曲と豪華で幻惑的な演出が恍惚へといざなう。

 ニューヨークにある世界最大級のオペラハウス「メトロポリタン歌劇場(MET)」。1883年に創設されたこの舞台は、世界のトップ歌手たちの夢の競演に加え、セットや衣装など、なにもかも華麗。また、新演出を積極的に取り入れることでも知られ、常に進化し続けるオペラの姿を体現してきた。
 WOWOWでは、最新技術を駆使したカメラワークと5.1chのダイナミックな音声で収録された、METライブビューイングを放送する。幕間では、今まさに歌い終わった歌手たちへの直撃インタビューなど、劇場では見られない映像も満載。オペラファンにも、初心者にも、METのすばらしさを余すことなくお届けする。

<内容>
 史上初の一神教の開祖で知られる古代エジプトの国王アクナーテンの栄光と悲劇の物語。ミニマリズムの巨匠フィリップ・グラスはこれまでアインシュタイン、ガンジーの生涯を描いたオペラを作曲したが、本作では物理、政治に続き宗教の新しい扉を開いたアクナーテンを通し、死と生をテーマにシュールな夢の世界を実現し、謎と暗示に満ちた不思議な美的体験へと観る者をいざなう。 瞑想的なリズムの反復と、心に深く染み込んでいくハーモニーはトランス状態を呼び起こし、聴く者を病みつきにさせる。
 主演のアンソニー・ロス・コスタンゾは歌舞伎座の「源氏物語」にも出演経験があり、幅広く活躍するカウンターテナー。目を見張る豪華な衣装や大道芸の一種、ジャグリングを活かした幻惑的でスペクタクルな演出は、観るものを惹きつける。日常とはまったく異質な時間感覚、理屈ではなく感じるオペラを体験してほしい。

関連情報

収録日:2019年11月23日
指揮:カレン・カメンセック
演出:フェリム・マクダーモット
出演:アンソニー・ロス・コスタンゾ(アクナーテン)、ジャナイ・ブリッジス(ネフェルティティ)、ディーセラ・ラルスドッティル(太后ティイ)、ザッカリー・ジェイムズ(アメンホテプ3世)、ウィル・リバーマン(ホルエムヘブ)

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの