新着番組

プロディガル・サン 殺人鬼の系譜

プロディガル・サン 殺人鬼の系譜
放送予定日

11月10日(火)スタート(全20話)[第1話無料放送]
 毎週火曜 夜11:00
 毎週水曜 夜10:00

悪名高いシリアルキラーを父に持つプロファイラーが、特異な経験と才能を活かしてニューヨーク市警で難事件を解決していく異色のクライムスリラー!

 シリアルキラーを父親に持つ異色のプロファイラーが活躍する、全米ヒットクライムスリラーを日本初放送。FBIから解雇されたプロファイラー、マルコム・ブライトは新たにニューヨーク市警でコンサルタントとなり凶悪犯罪に挑んでいく。父親の逮捕を機に犯罪者の心理に興味を抱いて心理学者になったマルコムは、五感のすべてを駆使して極限まで犯罪者の心理に近づくため、常識外れな行動に出ることもある、前代未聞のプロファイラー。そのダークで予測不可能な行動はスリリングで見ものだ。
 マルコム役はドラマ「ウォーキング・デッド」でジーザス役を演じたトム・ペイン。マルコムの父でシリアルキラーのマーティン・ウィットリー役は『フロスト×ニクソン』のマイケル・シーンで、共演陣も映画「ヤングガン」シリーズのベテラン、ルー・ダイアモンド・フィリップス、ドラマ「ギルモア・ガールズ」の日系人女優ケイコ・アゲナなど充実。「ブラインドスポット タトゥーの女」「リバーデイル」などのヒットドラマを連発するグレッグ・バーランティが製作総指揮。全米放送はシーズン2への継続が決定している。

<ストーリー>
 FBIのプロファイラー、マルコムはある事件の現場で保安官を殴って解雇される。マルコムの父親で医師のマーティンは“外科医”と呼ばれたシリアルキラーで、マルコムがまだ幼いころに、23件の殺人容疑で逮捕された。マルコムは以来、犯罪者の心理に興味を抱き、殺人犯の視点で考えてその心理を理解する、すご腕のプロファイラーになったが、父親の逮捕によるトラウマに悩まされ情緒不安定な一面も。
 かつてマーティンを逮捕したニューヨーク市警の警部補ギルは、マルコムに犯罪捜査への協力を依頼。担当する最初の事件は、マーティンが女性4人を殺した“四重奏(カルテット)”という事件を模倣したものだとみられる。マルコムはFBIに入る時に会わないと決めた父親に意見を聞くため、精神科病院にいるマーティンと10年ぶりに再会するが……。

関連情報

製作総指揮:グレッグ・バーランティ ほか
出演:トム・ペイン(マルコム・ブライト役/声:武藤正史)
   マイケル・シーン(マーティン・ウィットリー役/声:高木渉)
   ルー・ダイアモンド・フィリップス(ギル・アローヨ役/声:てらそままさき)
   ベラミー・ヤング(ジェシカ・ウィットリー役/声:加藤有生子)
   ハルストン・セイジ(エインズリー・ウィットリー役/声:森なな子)
   オーロラ・ペリノー(ダニ・パウエル役/声:品田美穂)
   フランク・ハーツ(JT・ターメル役/声:安齋龍太)
   ケイコ・アゲナ(イドリサ・タナカ役/声:榊原奈緒子)

<関連番組>
11月スタート!「プロディガル・サン 殺人鬼の系譜」ガイド   10月1日(木)夜11:55ほか[無]
10日(火)スタート!第1話先行無料放送   11月3日(火・祝)放送[無][二][字]

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの