新着番組

連続ドラマW セイレーンの懺悔

連続ドラマW セイレーンの懺悔
放送予定日

10月18日(日)スタート予定(全4話)[第1話無料放送]
 毎週日曜 夜10:00

「贖罪の奏鳴曲」「ヒポクラテスの誓い」の中山七里の小説を新木優子主演で映像化。誘拐事件のスクープを狙う報道記者がたどり着く真実とは?報道の自由や意義を問う衝撃作

 今年デビュー10周年を迎えた作家・中山七里。これまでに数々の作品が映像化されてきた中山の作品の中でも“ドラマ化不可能”といわれた「セイレーンの懺悔」を連続ドラマ化。テレビ局を舞台に報道のタブーに切り込んだ物語は、刊行当時から大きな話題を呼んだ衝撃作だ。
 報道番組の新人記者である主人公・朝倉多香美を演じるのは、WOWOW連続ドラマ初出演にして初主演の新木優子。あるつらい過去を抱えながら報道記者という職を選んだ多香美は、日々スクープを求め奔走していた。そんな中、女子高生誘拐殺人事件が発生。スクープを狙うという記者としての使命、報道の自由、そして悲しい現実の狭間でもがきながらも必死に真実を追い求める多香美。果たして、事件の裏に隠された事実とは?報道記者としての正義とは?現代社会に真っ向から問い掛ける衝撃の報道サスペンスドラマ。

<ストーリー>
 不祥事が続き、番組存続の危機にさらされる帝都テレビの看板報道番組「アフタヌーンJAPAN」。その制作に携わる入社2年目の報道記者・朝倉多香美(新木優子)は、あるつらい過去を抱えながらも報道の仕事に誇りをもって取り組んでいた。そんな中、都内で女子高生誘拐事件が発生。スクープを狙い警察を尾行した多香美が廃工場で目撃したのは、無残にも顔を焼かれた被害者・東良綾香の遺体だった―。自身の過去と重ねながらこの誘拐事件を追っていた多香美だが、その執念が実を結び、ついに犯人につながる大きなスクープをものにする。しかし、このスクープが原因である事件が起きてしまい…。果たして、事件の“真犯人”は誰なのか?

関連情報

原作:中山七里「セイレーンの懺悔」(小学館文庫)
脚本:篠崎絵里子(「連続ドラマW 坂の途中の家」「グッドワイフ」)
監督:中前勇児(「連続ドラマW トップリーグ」「義母と娘のブルース」) 村上正典(「WOWOW×東海テレビ共同製作連続ドラマ「ミラー・ツインズ」シリーズ 「連続ドラマW 真犯人」)
音楽:富貴晴美(「西郷どん」『関ヶ原』)
出演:新木優子 ほか
チーフプロデューサー:青木泰憲
プロデューサー:高江洲義貴 浦井孝行 杉本明千世
製作著作:WOWOW
制作協力:アップサイド

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの