新着番組

松尾スズキ×安藤玉恵「命、ギガ長ス」 松尾スズキプロデュース東京成人演劇部

松尾スズキ×安藤玉恵「命、ギガ長ス」 松尾スズキプロデュース東京成人演劇部
放送予定日

2020年3月放送予定

大人計画主宰、松尾スズキが演劇部を始動。“8050問題”の親子、ドキュメンタリー作家志望の学生と教授を描く安藤玉恵との2人芝居。チケット完売の傑作ステージ。

 「大人計画」を主宰し、2020年にはBunkamuraシアターコクーンの芸術監督就任、作家、演出家、俳優、映画監督とさまざまな顔を持つ鬼才・松尾スズキが、自ら企画・プロデュースし新しく立ち上げた「東京成人演劇部」の第1弾公演「命、ギガ長ス」を放送。映画、ドラマ、舞台で活躍する女優・安藤玉恵との2人芝居をお届けする。
 認知症気味の母親と、その年金を当てに生活しているニートでアルコール依存症の息子、その親子のドキュメンタリーを撮るため密着している女子大生と彼女を指導する大学教授。主に登場するのはたったの4人だけ。物語は現代の“8050問題”をテーマにし、さらにテレビ業界への皮肉を込めた展開が待ち受ける。本作は、松尾がコントではない筋があるストーリーで、低予算で上演できることを目指し、大掛かりなセットも使わず、音でさえも人の力で作られた舞台となっている。
 “演劇を始めたころの素朴な喜び”を求め、「部活」としてスタートした松尾の新たな挑戦。そんなノスタルジーを感じさせ、笑いと毒が詰め込まれた濃密な芝居を堪能していただきたい。

<ストーリー>
 80代で認知症気味の母親エイコ(安藤玉恵)と、ニートでアルコール依存症の50代の息子オサム(松尾スズキ)。貧困生活を送っている2人を、ドキュメンタリー作家志望の女子大生アサダ(安藤玉恵・2役)が撮影し密着していた。エイコの年金を当てにして酒を飲み続けるオサムと、パチンコに依存するエイコ。そんなアサダが撮るドキュメンタリーのVTRを見て、彼女の所属ゼミの教授キシ(松尾スズキ・2役)は、ある問題を指摘する。エイコとオサムには、ある秘密があったのだ…。

  • 【2020年3月放送決定!】
    ノンフィクションW 松尾スズキ 人生、まだ途中也

関連情報

収録日:2019年7月13日
収録場所:東京 ザ・スズナリ
スタッフ・キャスト/
 作・演出・舞台美術・プロデュース:松尾スズキ
 効果音:吹越満
 出演:松尾スズキ 安藤玉恵

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの