新着番組
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』劇場上映版初放送記念!シリーズ全作一挙放送 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』劇場上映版初放送記念!シリーズ全作一挙放送
宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち
放送予定日

5月1日(水・祝)スタート(全七章)

シリーズ最高傑作ともいわれる劇場版『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』を、新たな解釈と装いでリブートした完全新作シリーズ。劇場上映版全七章をテレビ放送。

 1974年のTV放送以来ブームとなり、長きにわたってファンから愛されている大ヒットアニメ「宇宙戦艦ヤマト」。その第1作が装いも新たに蘇った『宇宙戦艦ヤマト2199』全七章は、2012年から2013年に劇場上映され大きな支持を得た。その続編であり、1978年公開の『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をリブートした完全新作『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』全七章は、2017年2月に始まり、2019年3月1日の“第七章”上映でいよいよ最終章を迎えた。WOWOWでは、この新作シリーズ劇場上映版を5月1日(水・祝)から2日(木・休)にかけて一挙放送。今回がテレビ初放送となる。
 さらに、放送前には前シリーズと、その劇場版『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』の2作品も合わせて放送。いよいよ真実の“ラスト”を迎える「ヤマト」の、永久保存版のラインナップに注目が集まる。

<ストーリー>
 西暦2202年、16万8000光年に及ぶイスカンダルへの大航海から宇宙戦艦ヤマトが帰還して、3年が経過した。“コスモリバースシステム”によってかつての青く美しい姿を取り戻した地球は、急速に復興を遂げようとしていた。かつて敵対していたガミラス帝国とも和平条約を締結し、人類とガミラスの混成艦隊は、地球に侵攻しようとする帝星ガトランティスと武力衝突を繰り広げる。
 さらに、地球は復興の傍ら、防衛のためにと新鋭艦隊の整備を進めていた。新しく樹立された地球連邦政府は、イスカンダルのスターシャの願いもむなしく、軍備拡大の路線を突き進んでいるのだった。その政府の姿勢に対し、古代進をはじめ元ヤマト乗組員たちは激しい憤りを覚える。そんな中、宇宙の平穏を願うテレザート星の女神テレサからメッセージが届けられ、ヤマトを新たな航海へと誘う。古代たちは再び宇宙戦艦ヤマトに乗り込むのだった。

関連情報

<スタッフ・キャスト>
原作:西崎義展
製作総指揮:西崎彰司
監督:羽原信義
シリーズ構成:福井晴敏
副監督:小林 誠
キャラクターデザイン:結城信輝
メカニカルデザイン:玉盛順一朗、石津泰志
音楽:宮川泰、宮川彬良

声の出演:小野大輔(役名:古代進)、桑島法子(役名:森雪)、大塚芳忠(役名:真田志郎)、麦人(役名:徳川彦左衛門)、赤羽根健治(役名:南部康雄)、國分和人(役名:相原義一)、津田健次郎(役名:榎本勇)、てらそままさき(役名:ローレン・バレル)、神谷浩史(役名:クラウス・キーマン)

<放送スケジュール>
第一章~第二章   5月1日(水・祝)夜7:00~
第三章~第七章   5月2日(木・休)午後1:00~

<特集>
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』劇場上映版初放送記念!シリーズ全作一挙放送
 宇宙戦艦ヤマト2199(全七章)   4月30日(火・休)、5月1日(水・祝)午後1:00~ ※4月27日(土)第一章先行無料放送
 『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』   5月1日(水・祝)午後2:50
 『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』   5月1日(水・祝)午後5:05

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの