新着番組
連続ドラマW セイレーンの懺悔

連続ドラマW セイレーンの懺悔
放送予定日



10/18(日)放送スタート!(予定)
毎週日曜よる10:00
※第1話無料放送(全4話)

新木優子 WOWOW連続ドラマW初出演にして初主演!
“ドラマ化不可能”と言われた中山七里原作の報道サスペンスで初の記者役に挑む。

今年デビュー10周年を迎えた作家・中山七里。“どんでん返しの帝王”の異名を持ち、これまでに数々の作品が映像化されて来た中山の作品の中でも“ドラマ化不可能”と言われた作品が存在する。それが、「セイレーンの懺悔」だ。テレビ局を舞台にしたこの小説は「報道」のタブーに切り込んだ衝撃作として、刊行当時から大きな話題を呼んでいた。そんな本作が、満を持してWOWOWで連続ドラマ化されることが決定した!
本作の主演を務めるのは、WOWOW連続ドラマW初出演にして初主演となる新木優子。自身初の記者役として、報道番組の新人記者である主人公・朝倉多香美を演じる。あるつらい過去を抱え報道記者という職を選んだ多香美は、番組が不祥事続きで窮地に立たされていながらも、誇りを持って仕事に取り組んでいた。そんな中、女子高生誘拐殺人事件が発生。事件を追う多香美は、番組の名誉挽回のためにスクープを狙いながら、自身の過去と向き合っていくことに…。そして、事件の真相が明らかになった時、報道記者としての在り方が多香美に問われる―。自身の信念と報道の自由、そして、哀しい現実の狭間でもがきながらも必死に真実を追い求める多香美を演じる新木は、今作で本格的なサスペンスドラマの主演という新境地に挑むことになる。これまで見ることのなかった新しい新木の姿に注目だ。
果たして、マスコミはセイレーン(ギリシャ神話に登場する半人半鳥の妖精)のように国民を惑わし、人の不幸を娯楽にする怪物なのか―?報道の自由や意義について問われることが多い今だからこそ、WOWOWがその在り方に真っ向から切り込む衝撃の報道サスペンスドラマにご期待いただきたい。

<あらすじ>
不祥事が続き、番組存続の危機にさらされた帝都テレビの看板報道番組「アフタヌーンJAPAN」。その制作に携わる入社二年目の報道記者・朝倉多香美(新木優子)は、あるつらい過去を抱えながらも報道の仕事に誇りをもって取り組んでいた。そんな中、都内で女子高生誘拐事件が発生。先輩記者の里谷太一と多香美は、起死回生のためにスクープを狙って事件を追う。警察を尾行した多香美が廃工場で目撃したのは、無惨にも顔を焼かれた被害者・東良綾香の遺体だった。
自身の過去と重なりこの事件を追っていた多香美だが、その執念が実を結び、犯人に繋がる大きなスクープをものにする。しかし、このスクープが原因となり、ある事件が起きてしまう…。果たして、事件の真犯人は誰なのか?そして、報道記者としての “正義”とは?

関連情報

原作:中山七里「セイレーンの懺悔」(小学館文庫) 脚本:篠﨑絵里子(「連続ドラマW 坂の途中の家」、「グッドワイフ」) 監督:中前勇児(「連続ドラマW トップリーグ」、「義母と娘のブルース」)
村上正典(WOWOW×東海テレビ共同製作連続ドラマ「ミラー・ツインズ」シリーズ、「連続ドラマW 真犯人」)
音楽:富貴晴美(「西郷どん」、『関ヶ原』) 出演:新木優子 ほか チーフプロデューサー:青木泰憲 プロデューサー:高江洲義貴 浦井孝行 杉本明千世 製作著作:WOWOW 制作協力:アップサイド

コメント

主演・新木優子

本格的なサスペンスへの挑戦、さらに、初めての記者役ということで最初は不安もありましたが・・・原作・脚本を読み、真実が180度覆されてしまうような衝撃を受け、あまりの面白さに…

閉じる

主演・新木優子

本格的なサスペンスへの挑戦、さらに、初めての記者役ということで最初は不安もありましたが・・・原作・脚本を読み、真実が180度覆されてしまうような衝撃を受け、あまりの面白さにすぐに作品のファンになってしまったので、参加することが出来て嬉しいです。
私が演じる多香美は正義感が強く、自分では抱えきれないようなつらい過去を持っていながらも、強い想いを胸に真実を追い求める姿が印象的です。報道番組の仲間や周りの人々が彼女の想いに突き動かされていったように、自分で何かを変えようと動く力が素晴らしいと思いました。私自身も多香美の強い想いを大切にしながら演じていきたいです。でも、まだ入社2年目の新人で、一つのことに集中してしまうと周りが見えなくなる危うさも持ち合わせているので、その不安定な脆さも表現したいです。今まで演じたことのない役に挑むので、視聴者の皆様には新しい私をお見せ出来ると思いますし、多香美が記者として成長するとともに、私も作品を通じて成長していけることが楽しみです。
多香美が自分の信念を胸に真実を追い続けたように、激動のこの時代は自分の気持ちを明確にする、そして、その想いに従って生きることが大切ではないかと感じました。この作品が皆様にとっての想いを見つける “ヒント”になれば幸いです。

原作・中山七里

僕は生来アマノジャクなところがあり、映像化がまず不可能な小説を書いてしまう。海外を舞台にしたりタブーとされているテーマを扱ったりするのはそういう理由だ。『セイレーンの懺悔』も例に洩れず…

閉じる

原作・中山七里

僕は生来アマノジャクなところがあり、映像化がまず不可能な小説を書いてしまう。海外を舞台にしたりタブーとされているテーマを扱ったりするのはそういう理由だ。『セイレーンの懺悔』も例に洩れず、連載当初から「中山さん、テレビ局に喧嘩売ってるんですか」とか、「もう清々しいくらいにドラマ化は無理ですね」とか散々言われていたのだ。ところがやはり連載当初から「これはウチのために書かれたような作品ですね」と熱烈にドラマ化のオファーをいただいた局があった。言わずと知れたWOWOWさんである(この経緯、実は単行本の帯にこっそり記載がある)。モノ作りには決めごとの中でベストを発揮する面白さもあれば、タブーをぶち破る面白さもある。『セイレーンの懺悔』ドラマ化は間違いなく後者である。

原作

書影

「セイレーンの懺悔」
中山七里・著(小学館文庫)
※8月5日(水)文庫発売

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの