新着番組
連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班

連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班
放送予定日

2022年初頭、放送・配信決定
※第1話無料放送(全10話)

大ヒットクライムサスペンス<殺人分析班>シリーズのユニバース作品が登場!
青木崇高演じる鷹野が、公安警察を舞台に新たな猟奇殺人事件と陰謀に挑む!

大ヒットクライムサスペンス<殺人分析班>シリーズ。
これまでにWOWOWでは、警視庁捜査一課十一係の活躍を描いた、通称<殺人分析班>シリーズを3度映像化してきた。
<殺人分析班>は、女性刑事・如月塔子が、鷹野秀昭をはじめとする個性豊かな仲間とともに猟奇殺人という難事件に挑む超人気シリーズである。捜査一課のエースである鷹野は、前作「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」で、シリーズ最初は新米刑事だった塔子の成長を見届け、公安部へと異動となった。
その鷹野を主人公にした新シリーズ<公安分析班>がついに始動。鷹野を演じるのは、これまで数多くの映画やドラマで独自の存在感を放ち、本作が連続ドラマW初主演となる青木崇高。
<殺人分析班>シリーズでは、原作の人気キャラクター投票で1位を獲得したこともある鷹野秀昭を魅力的に演じてきた。
大ヒットクライムサスペンス<殺人分析班>シリーズと同じ世界観を共有するユニバース作品として、新たな猟奇殺人事件と公安チームの活躍を描く「連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班」。
WOWOWの大ヒットクライムサスペンス<分析班>シリーズの新たなフェーズの幕開けとなる。

松雪泰子の出演が決定!内部スパイ“エス”との工作活動をする公安・警部補役に!
この度、本作に松雪泰子が出演することが決定した。
松雪が演じるのは、警視庁公安五課の警部補・氷室沙也香。青木演じる鷹野と同じ佐久間班に所属し、鷹野の先輩にあたる。

鷹野が、自ら事件端緒を入手したり、他の担当からの情報に基づき事件化する「事件班」であるのに対し、氷室は「作業班」と呼ばれ、“エス”と呼ばれる協力者の獲得作業に従事している。お互い人間的に分かり合えないとエスとの関係は保てないが、氷室は相手との関係値を築くことに長けている。
作業班は秘匿性が高く、基本的に単独行動、公安部内でも自分の作業は秘密裡に行われるが、氷室は佐久間班長の右腕として一目置かれており、或る理由で鷹野の相棒兼お目付け役を任される。

氷室も鷹野もお互いそれぞれのやり方があるなかで、氷室の大事件を阻止するためには目の前の多少の犠牲は厭わないというスタンスに、鷹野は戸惑いを感じる。しかし、氷室の公安捜査に向き合う姿を通して難しい選択を前にしていつも胸の内に葛藤を抱え、後悔を繰り返しながらも任務をこなすという氷室の強い覚悟を理解していくことになる。

今回、事件現場に遺留品として残された石板のヒエログリフや天秤から、犯人はエジプト神話を引用していることが分かり、鷹野と氷室は捜査を進めていくなかで、鷹野と氷室の関係も少しずつ変化がおとずれるのだが・・・

秘密主義が蔓延る公安で、鷹野は氷室らと共に難事件の解決の糸口をつかめるのか?鷹野の運命を大きく揺るがしていくことになる!

<ストーリー>
日本警察の中でもエリートとされている公安部に異動した鷹野(青木崇高)。そんな中で起きた爆破事件の現場近くで与党大物議員の殺害事件が発生。遺体からは臓器が抜かれ、その付近には心臓と羽根を載せた天秤が残されていた。猟奇事件現場に臨場した鷹野は、持ち前の推理力で不可解な事件と向き合おうとするが、周囲から、公安には公安のやり方があると一蹴されてしまう。
日本警察の中でも、公安警察は“治安の守護神”としての強烈なエリート意識を持っている。情報収集活動は警察にとって捜査の基本ともいえるが、公安警察において、その手法はより緻密で複雑なものを要求され、鷹野も公安独自の捜査手法で事件を追っていくのだが…。
秘密主義がはびこる公安で、鷹野は難事件の解決の糸口をつかめるのか――?猟奇殺人事件が、やがて公安と、ある目的を果たすために公安にやって来た鷹野の運命を大きく揺るがしていくことになる!

関連情報

原作:麻見和史
「邪神の天秤 警視庁公安分析班」「偽神の審判 警視庁公安分析班」(講談社刊)
監督:内片輝、山室大輔、山本大輔 脚本:穴吹一朗、小山正太、成瀬活雄 出演:青木崇高、松雪泰子 ほか

コメント

主演・青木崇高(鷹野秀昭役)

WOWOWオリジナルドラマ初主演が決まった時の印象や意気込みをお聞かせください。

「石の繭」「水晶の鼓動」「蝶の力学」というWOWOWでしかできないような迫力とリアリティのある三作品を経て、さらにスケールアップした…

閉じる

主演・青木崇高(鷹野秀昭役)

WOWOWオリジナルドラマ初主演が決まった時の印象や意気込みをお聞かせください。

「石の繭」「水晶の鼓動」「蝶の力学」というWOWOWでしかできないような迫力とリアリティのある三作品を経て、さらにスケールアップした今回の「邪神の天秤」です。
演出の内片監督をはじめ、信頼できる同じスタッフのみなさん、そして新キャストと創れるこの喜びはとてつもなく大きいです。

本作の脚本を読まれ、実際に演じてみて如何でしょうか?

脚本化されてもなお物語が魅力的なのはやはり麻見和史先生の素晴らしい原作のおかげです。
主人公の鷹野は私自身が大ファンなのでまた演じることができて大変嬉しいです。演出、スタッフ、キャストに支えられ、さらに魅力的なキャラクターになっていると思います。

視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。

「公安」については職務上、世間に知られていないためか、あまりいい印象に描かれることが少ないと思われます。
しかし、間違いなく彼らは、強い信念をもって捜査に向き合っています。

映像、美術、ストーリーのクオリティは、他の警察ドラマでは観られないレベルだと断言できます。
このような状況下ですが、スタッフ、キャスト一丸となって創っております。ぜひご期待ください。

松雪泰子(氷室沙也香役)

視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。

前作迄の殺人分析班シリーズも素晴らしい作品でしたが、今作の「邪神の天秤 公安分析班」 は、公安という特性上極めてストイックに…

閉じる

松雪泰子(氷室沙也香役)

視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。

前作迄の殺人分析班シリーズも素晴らしい作品でしたが、今作の「邪神の天秤 公安分析班」 は、公安という特性上極めてストイックに人物造形や関係性が描かれています。そして何よりもストーリー展開に魅力を感じました。脚本の展開が予測を常に覆される連続で、そのスピード感は読み物としても引き込まれる力のある脚本でした。緻密に計算されたストーリー展開は作品のドライブ感となり、複雑に絡んでいく人間関係は常に観るものの想像力を掻き立てる映像作品になる予感がありました。
長期に及ぶ壮大な撮影を終えて今振り返り思うのは、その最初に読んだその素晴らしい脚本の世界を、実際に撮影して行く中で10倍にも20倍にも増幅できた実感があります。
撮影期間はとても素晴らしい時間でした。
そして監督の内片さんは常に我々俳優陣を牽引してくださり、素晴らしいディレクションをしてくださいました。それぞれのキャラクター造形を最大限に、魅力的に表現してくださる演出は、素晴らしいアートワークの様な芸術性のある演出で、日々充実した撮影の時間でした。作品を支えてくださるスタッフワークも素晴らしく、長期間の壮大な撮影という航海を全スタッフ、キャスト で乗り越えた感覚があります。この作品に関われた事は喜びであり、そしてこの「邪神の天秤 公安分析班」という作品がこれから、皆様の元に羽ばたいて行く日を楽しみにしております。

原作・麻見和史

「邪神の天秤 警視庁公安分析班」のドラマ化が決定したときの印象をお聞かせください。

今回、ドラマの企画段階から打ち合わせに参加させていただきました。これまで刑事部にいた鷹野秀昭が、公安部に異動してどのような捜査を…

閉じる

原作・麻見和史

「邪神の天秤 警視庁公安分析班」のドラマ化が決定したときの印象をお聞かせください。

今回、ドラマの企画段階から打ち合わせに参加させていただきました。これまで刑事部にいた鷹野秀昭が、公安部に異動してどのような捜査を行うのか──。それを考えるのは、原作者である私にとっても非常に新鮮で刺激的な経験でした。ドラマ制作チームの方々と意見交換しながら原作の執筆を進め、緊張感のある物語が出来上がったと感じています。プロジェクトの関係者全員で練り上げたシナリオが、どのような形で映像化されるのかとても楽しみです。

原作

原作:麻見和史
「邪神の天秤 警視庁公安分析班」「偽神の審判 警視庁公安分析班」(講談社刊)

書影

「邪神の天秤 警視庁公安分析班」(講談社刊)
「偽神の審判 警視庁公安分析班」(講談社刊)

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの