新着番組
連続ドラマW インフルエンス

連続ドラマW インフルエンス
放送予定日



3/20(土・祝)放送・配信スタート
毎週土曜よる10:00
※第1話無料放送(全5話)

WOWOWオンデマンドにて配信予定

橋本環奈がドラマW初出演&初主演!葵わかな&吉川愛とともに
友情から犯した3つの殺人事件
事件を共有した3人の切なき感動サスペンスに挑む!

本作は、女たちの焦燥と決意を描き、雑誌連載中から社会に満ちる見えない罪、絡まった謎、緻密な心理サスペンスが話題となった近藤史恵の同名小説(文春文庫刊)の連続ドラマ化。主演に橋本環奈を迎え、友情が引き金となって3つの殺人事件を犯した女性3人の生涯を描く。

女性小説家のもとに「私と友人ふたりが犯した3つの殺人を小説にしてほしい」と友梨と名乗る女性がやってくる。最初の事件が起こったのは、35年前の昭和の団地だった。高校生だった少女たちは2つの殺人事件を起こす。彼女たちを繋いでいたのは、友情か。それとも、殺人の秘密か。しかし10年後、20代となった彼女たちは、さらに恐ろしい殺人計画を立てる。秘密を共有した3人の女性が目論んだ完全犯罪のトリック。その衝撃の結末とは…。

主人公の読書好きで内気な高校生・戸塚友梨役に橋本環奈、両親の離婚を機に都会から転校し次第に友梨との友情を深めていく坂崎真帆役に葵わかな、友梨と幼馴染だが劣悪な環境から不良になり疎遠となっている日野里子役に吉川愛、と第一線で活躍する若手実力派女優が集結し、高校生から20代までを演じる。また、友梨・真帆・里子、3人の35年に渡る関係を紐解いていく重要な役柄・事件の真相に迫るキーパーソンの小説家トモミには、WOWOW連続ドラマWへの出演が初となる鈴木保奈美を迎える。

少女たちが犯した3つの殺人
時を超えた交換殺人の巧みなトリック
殺人で繋がった3人の女性たちが手に入れたのは、真の友情だったのか――

<第1話あらすじ>
地方の団地で暮らす高校生の友梨(橋本環奈)は、過去に同級生の里子(吉川愛)が、祖父から性的虐待をうけていることを知りながらも、彼女を守ることができず疎遠になってしまったことで、心に傷を負っていた。
ある日、友梨が通う高校に東京から真帆(葵わかな)が転校してくる。何事も真剣に取り組む性格が仇となり、クラスで浮いた存在となっていたが、友梨は同じ団地で暮らしていることもありすぐに打ち解ける。その矢先、包丁を持った暴漢に襲われそうなった真帆を助けようとして男を刺してしまう。正当防衛だと逃げ、恐怖で震えながら眠りについた翌日、逮捕されたのは不良となった里子だった。

関連情報

原作:近藤史恵『インフルエンス』(文春文庫刊) 脚本:篠﨑絵里子(『連続ドラマW 坂の途中の家』、『連続ドラマW トップリーグ』) 監督:水田成英(『連続ドラマW 絶叫』、「医龍」)
ヤングポール(映画「ゴーストマスター」)
音楽:林ゆうき 菅野みづき 奥野大樹 チーフプロデューサー:青木泰憲 プロデューサー:山田雅樹 中山ケイ子 大瀬花恵 製作:WOWOW FCC 出演:橋本環奈 葵わかな 吉川愛 / 鈴木保奈美

コメント

主演・橋本環奈(戸塚友梨役)

もともとこのお話を頂く前から原作は読んでいて、そのストーリーもさる事ながら複雑に絡み、重なる時代におけるそれぞれの出来事が全て伏線となって…

閉じる

主演・橋本環奈(戸塚友梨役)

もともとこのお話を頂く前から原作は読んでいて、そのストーリーもさる事ながら複雑に絡み、重なる時代におけるそれぞれの出来事が全て伏線となって全体が構成されている妙、最後に読者を裏切る驚きの結末と全てのサスペンスの要素が詰まった作品だなと感じ入っていました。
なので今回この素晴らしい原作の主人公を務めさせていただくに際して台本を頂いた時は大変楽しみに拝読しましたが原作の素晴らしさを芯に、更にドラマならではの要素も組み込まれていて友梨を演じる上で今までの演じてきた作品とはまた一味違っていてとても楽しみになりました。
そして今回この作品の共演者に関しては同世代でもある葵わかなさんと吉川愛さんとお聞きしてより楽しみになりました。葵わかなさんとは共通の友達もいるせいか初共演という感じもせず打ち解けた感じで臨めるのが嬉しい限りです。吉川愛さんに関しては映画で共演もしていて今回で2度目なんですが、その時もキャラの強い役を演じられていてその演技力がとても印象強く残っています。
最後に私が演じる友梨は葵わかなさん演じる真帆に憧れを持っていて吉川愛さん演じる里子に罪悪感を持っている役です。偏った気持ちが交差して、他の人には理解されなくても殺人を通して、自分達の友情はこれだと悩みながらも近づいたり離れたりしながら異質な友情の形を構築してゆく役となります。
この時代と運命に翻弄されながら異質の友情で結ばれた3人の意外な結末や人間模様を是非ご覧いただけると嬉しい限りです。

葵わかな(坂崎真帆役)

橋本環奈さんと吉川愛さんと共演で友達役と聞いた時からとてもワクワクしていました。同年代ですし、活躍をいつも拝見していたのですが…

閉じる

葵わかな(坂崎真帆役)

橋本環奈さんと吉川愛さんと共演で友達役と聞いた時からとてもワクワクしていました。同年代ですし、活躍をいつも拝見していたのですが、がっつりお仕事をご一緒する機会が、今までありませんでした。お二人と会って、もっと話してみたかったんだと思います。笑 台本を読んでからはさらにそのワクワクが強くなって、今はこの3人の世界をどう素敵に描けるかを考える日々です。
私が演じる真帆は、優等生で負けん気が強くて、橋本環奈さん演じる友梨のことが大好きで、吉川愛さん演じる里子に嫉妬しつつも、共感しています。キャラクターも持っているものも違う3人が「孤独」を通して共鳴している姿が、観てくださる方の目にさみしく、そして美しく映ると幸せです。

吉川愛(日野里子役)

私が演じる里子は決して幸せとは言えない複雑な家庭環境で育った女性です。強がりで本心を素直に表現できない里子は、友梨や真帆ともうまく関係を築けず…

閉じる

吉川愛(日野里子役)

私が演じる里子は決して幸せとは言えない複雑な家庭環境で育った女性です。強がりで本心を素直に表現できない里子は、友梨や真帆ともうまく関係を築けず、複雑な心情を抱えています。そんな繊細な役柄を、上手く演じられるように頑張りたいと思います。橋本さんと葵さんとは2回目の共演なので、今から撮影が楽しみです。台本も面白くて、一気に読ませて頂きました。是非楽しみにしていただけたら嬉しいです。

鈴木保奈美(及川トモミ役)

大変つらい、そして誰の身にも起こり得るストーリーです。偶然と環境とほんの少しのかけ違いから鎖に絡め取られていく3人の同級生。わたしが演じる…

閉じる

鈴木保奈美(及川トモミ役)

大変つらい、そして誰の身にも起こり得るストーリーです。偶然と環境とほんの少しのかけ違いから鎖に絡め取られていく3人の同級生。わたしが演じる小説家トモミは、彼女たちの物語を視聴者の皆様と同じ立場で紐解き、目撃していきます。このしんどいシーンの数々を、橋本さん、葵さん、吉川さんという若く可憐な3人が演じられるのかと思うと胸が痛みます。トモミとしてはできる限りニュートラルな視点で丁寧に物語を掘り起こしていくことで、彼女たちの人生に一瞬の救いを見いだせたら、と願ってやみません。

原作・近藤史恵

思い入れのある作品ですので、ドラマ化という形で世界が広がることになって作者としてとても幸せです。橋本環奈さんはとてもキュートな方ですが…

閉じる

原作・近藤史恵

思い入れのある作品ですので、ドラマ化という形で世界が広がることになって作者としてとても幸せです。橋本環奈さんはとてもキュートな方ですが、世界から疎外された女の子たちの哀しみなども演じてくださると思うので、配役を聞いて、楽しみになりました。彼女たち三人の物語がどこに辿り着くのか、視聴者の皆さんに見守っていただけるとうれしく思います。

原作

近藤史恵『インフルエンス』(文春文庫刊)

書影

大阪郊外の巨大団地で育った小学生の友梨(ゆり)はある時、かつての親友・里子(さとこ)が無邪気に語っていた言葉の意味に気付き、衝撃を受ける。胸に重いものを抱えたまま中学生になった友梨。憧れの存在だった真帆(まほ)と友達になれて喜んだのも束の間、暴漢に襲われそうになった真帆を助けようとして男をナイフで刺してしまう。だが、翌日、警察に逮捕されたのは何故か里子だった――
幼い頃のわずかな違和感が、次第に人生を侵食し、かたちを決めていく。深い孤独に陥らざるをえなかった女性が、三十年後に決断したこととは何だったのか?
その罪は、誰のものだったのか? 現代に響く傑作長編。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの