新着番組
WOWOWオリジナルドラマ
今どきの若いモンは

WOWOWオリジナルドラマ 今どきの若いモンは
放送予定日

WOWOWプライムWOWOW4KWOWOWオンデマンド

2022年春、放送・配信決定

「今どきの若いモンは」――きっと誰もが絶対言われたくない、そして言いたくもない言葉。
そんな一言が口癖の“究極の上司”から目が離せないお仕事ショートドラマが誕生!

1億回読まれた大人気漫画「今どきの若いモンは」が反町隆史主演で待望の連続ドラマ化!

「今どきの若いモンは」――1億回読まれたある漫画に、この一言で若者の心を掴む“究極の上司”がいる!原作は、就活生やビジネスマンの間で絶大な共感を生み、第1話がツイッターで25万いいね!を超える吉谷光平の漫画『今どきの若いモンは』。この度、WOWOWドラマ初出演となる反町隆史を主演に迎え、ドラマ化が決定!反町は“究極の上司”とも言える主人公・石沢一(いしざわ・はじめ)を熱演する。

舞台はとある商社、三ツ橋商事。反町演じる石沢は、商社マンの課長という一見お堅いイメージの立場でありながらも、ノーネクタイの独自スタイルで仕事をする、コワモテの近寄りがたいキャラクター。醸し出されるその威圧感から若手社員たちとすれ違っただけでなぜか「すみません!」と言われてしまうことも。だが、石沢が彼らに投げかける口癖、「……ったく、今どきの若いモンは」のその先の言葉には驚きが待っている――!

反町隆史と言えばこれまでも、「GTO」、「ビーチボーイズ」、「ホットマン」など数々の大ヒットドラマの主演を務め、近年は「相棒」シリーズに出演し続け、スター俳優として不動の人気を誇っている唯一無二の存在。反町演じる主人公が発する「今どきの若いモンは」の真意に、新たな時代の上司像が投影される。それが最悪な上司なのか、理想の上司なのか、“究極の上司”の意味に是非注目して欲しい。
本作は、その石沢の部下となる新入社員・麦田歩(むぎた・あゆみ)をはじめちょっとした癖と愛される魅力満載の様々な登場人物たちとの掛け合いが作品の魅力の一つ。麦田役を誰が演じるのか、今後の発表にも目が離せない!!

そして本作の最大の特長は、1話約8分×全22話の “大作ショートドラマ”という点。放送は各回30分で3本立てという新スタイルで「国民的長寿ドラマ」を目指して製作に挑む。脚本は監督、脚本家、俳優とマルチに活動するアベラヒデノブ。監督には劇団「山田ジャパン」を主宰し、「全裸監督」など多数の話題作の脚本も手掛ける山田能龍。

放送・配信は2022年春予定。今後のキャスト発表や新情報など、番組アカウントのツイッターでも発表予定なのでお見逃しなく!WOWOWが新たに挑む、働く全ての人々へのエールを込めた本作に乞うご期待!

<ストーリー>
とある商社、三ツ橋商事営業部。そこに一見コワモテのその男、課長・石沢一(反町隆史)がいた――。
「今日も残業だ」「働き方改革の旨味なんて俺たちに降りてこない」と嘆く若手社員たち。彼らの愚痴に「……ったく」と鋭い視線を向ける石沢。その言葉の先を待たずに若手社員たちは逃げていく。
そんな中、彼の部下に配属された新入社員の麦田歩が緊張と不安を抱きながら出社すると……。指導をしてくれる先輩はよく分からない横文字用語ばかりで仕事についていけず、全員がテキパキと仕事をこなし、部署の空気にも馴染めない。一人デスクでお弁当を食べるのが唯一の心休める時間でもあった。すると、突如目の前に現れた石沢。その威圧感に圧倒される麦田。そして「ったく、今どきの若いモンは……」という石沢の言葉に麦田は!?
良い上司なのか?どこか謎めいた影のある私生活に“ある疑念”を抱きながらも、石沢という上司の存在に麦田や若手社員たちは――。

関連情報

原作:吉谷光平「今どきの若いモンは」(Cygames/サイコミ連載中) 監督:山田能龍 脚本:アベラヒデノブ 音楽:渡邊崇 出演:反町隆史 ほか プロデューサー:村松亜樹 平部隆明 河添太 制作協力:ホリプロ 製作著作:WOWOW

コメント

反町隆史(石沢 一 役)

WOWOWオリジナルドラマ初出演&初主演が決まった時の印象や意気込み

「ついに来たか!WOWOWのドラマに出られる!」とお話をいただいてとても嬉しかったです。WOWOWのドラマはとても面白いと気になっていました。周囲からも…

閉じる

反町隆史(石沢 一 役)

WOWOWオリジナルドラマ初出演&初主演が決まった時の印象や意気込み

「ついに来たか!WOWOWのドラマに出られる!」とお話をいただいてとても嬉しかったです。WOWOWのドラマはとても面白いと気になっていました。周囲からも作品そのものはもちろん、作品作りの現場についての評判もよく耳にしていたりもしたので、いつかご縁があればと思っていました。

本作の原作や脚本を読まれて、そして実際に演じてみて

原作の漫画は以前読んでいて、キャラクターたちに魅力を感じていました。
漫画原作のドラマにはこれまでも挑戦してきましたが、漫画だからこその面白さや実写化の壁を感じることも正直あります。でも、逆に実写化することでその壁を超えた、また新しい面白さを生み出すこともできると思っています。一つ一つのシーンを丁寧に、どういう面白さが成立するか、現場でスタッフ、キャストの皆さんとアイデアを出しながら作り上げました。
『究極の上司』とも言える僕が演じた石沢は、相手のことを思って、オブラートに包まずにストレートに自分の思いを伝えられる人。そういう石沢というキャラクターの魅力を大切に演じています。

視聴者の皆様へメッセージ

放送は各回30分、1話8分で3本立てのショートドラマで、若い方にも気楽に前向きな気持ちでご覧いただけるのも、この作品の魅力です。ショートドラマだからこそ面白く、そしてそこに強いメッセージも込められているので、ぜひお楽しみください!!

吉谷光平(原作者)

WOWOWオリジナルドラマ化が決定したときの気持ち

漫画家になること自体が夢で、映像化なんてまさに夢のまた夢と思っていました。なのでドラマ化決定の報告を聞いたときは信じられませんでした…

閉じる

吉谷光平(原作者)

WOWOWオリジナルドラマ化が決定したときの気持ち

漫画家になること自体が夢で、映像化なんてまさに夢のまた夢と思っていました。なのでドラマ化決定の報告を聞いたときは信じられませんでした。正直今でも信じ切れていません。映像を見たら信じられると思うので放送が本当に楽しみです。

反町隆史さんが石沢一を演じることに対しての期待

反町さんはキリっとかっこよくワイルドですが、どこか優しさのある笑顔が素敵です。そんなクールさの中に温かさのある反町さんは石沢課長にピッタリだと思います。きっと素晴らしい石沢課長を演じてくださるんだろうなと思います。めちゃくちゃ楽しみです!

視聴者の皆様へメッセージ

こんな上司がいたらいいな、という理想を詰め込んだ石沢課長。その石沢のもとで一生懸命頑張る新入社員の麦田。お仕事を頑張る人へ元気を!という思いを込めた作品です。みなさんどうぞよろしくお願いします!

山田能龍監督

本作の監督を務めることになったときのお気持ち、主演・反町さんについて

光栄な気持ちと共に、思い切った人選だなという驚きもありました笑。でも原作を拝読していくうちに、どんどん「自分に合う作品かも!」と楽しみになりました…

閉じる

山田能龍監督

本作の監督を務めることになったときのお気持ち、主演・反町さんについて

光栄な気持ちと共に、思い切った人選だなという驚きもありました笑。でも原作を拝読していくうちに、どんどん「自分に合う作品かも!」と楽しみになりました。
反町隆史さんは「若者代表」を担ってきたスターですよね。若者の葛藤、型破りな発想。それらを的確に演じて世に発信されてきた。そんな反町さんが遂に若者の反対サイド「上司」を演じる。絶対面白くなると思いました。

視聴者の皆様へメッセージ

こだわったのは、双方向からの共感です。「今どきの若いモンは」と一緒に「今どきのオヤジは」も入れたかった。特定の世代が好むドラマに留まらないよう、心掛けました。
自分が身につけてきた「当たり前」が通用しない時、怖がらずに、互いの仕組みを知って1つ優しくなれる。そんなドラマになっていると思います。ぜひご期待下さい!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの