新着番組
WOWOWオリジナルドラマ
ヒル

WOWOWオリジナルドラマ ヒル
放送予定日

WOWOWプライムWOWOWオンデマンド

2022年3月放送・配信スタート
※第1話無料放送(全12話)

他人に寄生して生きる者たちの運命と格差社会の闇を描く新時代の社会派復讐サスペンス
Season1主演・赤楚衛二&Season2主演・坂口健太郎で話題となった漫画を連続ドラマ化!

WOWOWでは、WEB・アプリで人気を博して話題を呼んだ漫画『ヒル』『ヒル・ツー』(新潮社バンチコミックス)を原作に「WOWOWオリジナルドラマ ヒル」として2022年3月より連続ドラマ化することが決定。2シーズン構成でお送りするSeason1の主演は、赤楚衛二。 Season2は坂口健太郎が主演を務めることも決定した。

今作は、他人になりすましをされた青年が、他人に寄生する不法滞在者“ヒル”の存在を知り、彼らに果敢に立ち向かっていく。その中で、なぜ、ヒルたちが産まれてしまったのか。なぜ、彼らは社会から落ちこぼれてしまったのかを知り、彼自身もまた人としての本当の愛情に気づき、心の機微を取り戻していく様を描いていく。他人に寄生して生きる者たちの運命と格差社会の闇を描く新時代の社会派復讐サスペンスドラマ。2シーズン構成としてSeason1とSeason2が、それぞれ6話ずつの全12話でお送りする。

Season1で主演に抜擢された赤楚は、7月期に放送されたドラマ「彼女はキレイだった」(フジテレビ系)や10月に放送がスタートした「SUPER RICH」(フジテレビ系)、8月に公開された映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』など、注目作品に出演が立て続いている今年一の要注目若手俳優。そんな彼が今作で演じるのは、他人になりすましをされ、殺人未遂罪で警察に追われるユウキ役。警察から逃れる中、知り合った仲間と共に、ヒルから自分の身分を取り返そうと紛争する。
2016年度に日本アカデミー賞・新人俳優賞とエランドール賞・新人賞を受賞し、近年でもNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」、10月スタートの「婚姻届けに判を捺しただけですが」(TBS系)など数々の作品で実力を発揮する俳優・坂口がSeason2の主演を務める。
坂口が演じるカラは、ユウキになりすました男にヒルとしての生き方を教え、また掟を破る者を罰する“ヒル狩りのカラ”の異名を持つ伝説のヒル。過去に母親的存在のヒルを仮面を付けた男に殺害されており、その男に復讐することを心に誓って生きている。
吉川愛は、ホームレスの男に育てられた無戸籍者・ゾーカ役を演じる。父親と慕っていたその男をヨビに殺され復讐を誓う。カラの過去を知る同級生で新米ヒル・ハコ役を演じるのは、飯豊まりえ。カラをヒルの世界から救いたいと思うようになる。ユウキに成りすますヒル・ヨビ役を務めるのは、栁俊太郎。かつて両親を殺し世間を騒がせた少年A。自分をヒルの道へと導いた、カラと再会を果たす。板垣瑞生が演じるのは、闇組織のボスであるヤシマの部下であり、謎に包まれた男・テトリス役。カラに助けられヒルになったロボ役に佐久間由衣。カラを密かに想い、傍で支え続ける。鈴木刑事と共にヒルの事件を追う事になる警視庁刑事部捜査一課殺人犯捜査第三係所属する佐藤刑事役を田中幸太朗。ドラマオリジナルキャラクターのボス・ヤシマ役には、板尾創路。ヒルに偽装身分証を与える代わりに、集めさせた盗品を高値で売り捌く闇組織のボス。そして、ヒルの実態を探りながらも、連続殺人事件の犯人である“仮面の男”を追う杉並北警察署刑事課強行犯捜査係所属の巡査部長・鈴木刑事役を小西真奈美が務めることが決定した。この他にも、ヨビを崇拝する手下のミロ役に松澤匠。カラが兄のように慕うヒルのナナシ役に三浦誠己、鈴木刑事や佐藤刑事と共にユウキやヨビの行方を追う先輩刑事役に利重剛がそれぞれ演じることも決定した。

ヒルと呼ばれる者たちが次々と殺される謎の事件が発生。その死の謎を追う警察とヒルたちとの駆け引きが繰り広げられる、新時代のアウトローサスペンスをお見逃しなく!

<ストーリー>
21歳の四宮勇気(赤楚衛二)は友人もおらず、バイト漬けの孤独な日々を過ごしていた。ある日、いつものように夜勤バイトから帰ると、部屋には腹部をナイフで刺された見知らぬ男(栁俊太郎)が座り込んでいた。男は搬送先で目を覚ますと、刑事にむかって自分は“四宮勇気”だと名乗り、ユウキを指さしながら「この人が自分を刺した」と供述するのだった。咄嗟にその場を逃げ出したユウキは、一瞬にして逃亡犯となってしまう。そんなとき、目の前にゾーカ(吉川愛)という謎の女が現れ、父親を殺したある人物の復讐を手伝って欲しいと頼まれ行動を共にすることに。ゾーカは住人が不在の家を渡り歩いて生活する、通称“ヒル”だった。二人はやがて“ヒル狩りのカラ”の異名を持つ伝説のヒル、カラ(坂口健太郎)と出会う。カラもまた、復讐のためだけに日々を抜け殻のように生きるヒルだった——

関連情報

原作:今井大輔『ヒル』『ヒル・ツー』(新潮社バンチコミックス) 脚本:青島 武(映画『グラスホッパー』『東京難民』)
掛須夏美(NTV「今日は会社休みます。」脚本協力)
音楽:横関公太 監督:鈴木浩介(「連続ドラマW 沈まぬ太陽」「シグナル 長期未解決事件捜査班」) チーフプロデューサー:青木泰憲 プロデューサー:廣瀬眞子 笠置高弘 濵 弘大 製作:WOWOW トライストーン・ピクチャーズ 出演:赤楚衛二
吉川愛 飯豊まりえ 栁俊太郎 板垣瑞生・佐久間由衣
田中幸太朗 松澤匠 三浦誠己 利重剛/板尾創路 小西真奈美/坂口健太郎 ほか

コメント

Season1主演・赤楚衛二

原作、台本を読ませていただき、もしかしたら自分の身近にもあるのではないか?と思わせられるようなお話しで、ヒルの生態や法律が…

閉じる

Season1主演・赤楚衛二

原作、台本を読ませていただき、もしかしたら自分の身近にもあるのではないか?と思わせられるようなお話しで、ヒルの生態や法律が、社会のルールに通用しない中での、其々のキャラクター達の人間模様に引き込まれました。
僕が演じさせて頂く、四宮勇気は父親が殺人犯で、普通の生活に羨望心を抱きながらも俗世を絶っている人。そんな彼が四宮勇気という名前を奪われ、ヒルの世界に巻き込まれていくのですが、撮影中は苦痛と憤怒が心の中に渦巻く日々でした。
日常に潜む陰鬱としたヒルの世界に浸かって下さい。

Season2主演・坂口健太郎

ユウキを軸にしたシーズン1があり、シーズン2で、まだ朧げな存在のカラという役をどう表現していくかということを…

閉じる

Season2主演・坂口健太郎

ユウキを軸にしたシーズン1があり、シーズン2で、まだ朧げな存在のカラという役をどう表現していくかということを一番に考えました。カラの過去、生きる意思ではなく、方法だけを教えてしまった後悔。カラの中での正義とはなんなのか。どこか身近に感じるヒルという生き方をするカラを通して、皆さんに何か伝われば嬉しいなと思います。

原作・今井大輔

ヒルは連載終了から8年も経っていて、今回の映像化は長くこの作品を愛してくださった読者の方々のお陰です…

閉じる

原作・今井大輔

ヒルは連載終了から8年も経っていて、今回の映像化は長くこの作品を愛してくださった読者の方々のお陰です。ありがとうございます。
それぞれのSeasonで赤楚衛二さんと坂口健太郎さんが主演でのドラマ化なんて上手すぎる話、騙されてると思いましたが、本当の話でよかったです。
朗らかな印象の赤楚さんと柔らかい印象の坂口さんがそれぞれ陰のあるキャラクターをどう演じるのか楽しみです。
このドラマでまたヒルの世界を楽しんでもらえたら嬉しいです。

原作

今井大輔
『ヒル』(新潮社バンチコミックス)

書影

佐倉葉子21歳。彼女は不当に手に入れた鍵を持ち、住人が不在の家を渡り歩いて、生活をしている。そんな葉子の前に、突然現れたのは、死んだはずの同級生・月沼マコト。彼の口から語られるところによると、葉子は知らず知らずのうちに「ヒル」と呼ばれる存在になっていたらしい。「ヒル」とは一体、何なのか?俊英今井大輔が描く、新時代のドロップアウトストーリー。

今井大輔
『ヒル・ツー』(新潮社バンチコミックス)

書影

四宮ユウキは高卒認定を取って大学進学することを志し、日々バイトと勉強に明け暮れていた。 ある日、いつものように夜勤バイトから帰宅すると、部屋には刃物で腹を刺された見知らぬ男が座っていた。男は「やあ・・・」と口にするがーー!?完結より4年。WEB・アプリで人気となった話題作『ヒル』が新たな主人公とともに復活!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの