映画
こいつで、今夜もイート・イット ~アル・ヤンコビック物語~

4/18(木)午前10:45

4/25(木)午後9:00

こいつで、今夜もイート・イット ~アル・ヤンコビック物語~

「ハリー・ポッター」シリーズのD・ラドクリフが米国に実在する人気パロディ歌手A・ヤンコビック役を演じた伝記映画。創作・誇張されたエピソードが多いのがユーモラス。

マイケル・ジャクソンの「今夜もビート・イット」を「今夜もイート・イット」としてパロディにするなど、米国で人気が高いパロディ歌手ヤンコビックの半生を描いた伝記映画……だが、多くのエピソード(特に後半)が創作・誇張されているのは、脚本に参加したヤンコビックらしい遊び心。とはいえ替え歌の数々はヤンコビックが歌ってきたものだ。ラドクリフがヤンコビック役をコミカルに激演した上、L=M・ミランダ、J・ブラックなど豪華キャストが集合し、ヤンコビック自身も出演。WOWOWの放送が日本初公開。

こいつで、今夜もイート・イット ~アル・ヤンコビック物語~

「ハリー・ポッター」シリーズのD・ラドクリフが米国に実在する人気パロディ歌手A・ヤンコビック役を演じた伝記映画。創作・誇張されたエピソードが多いのがユーモラス。

ドクター・ディメントのラジオ番組が大好きな少年アルの趣味は替え歌作り。母親がセールスマンから買ったアコーディオンを与えられたアルはその演奏に夢中になり、ミュージシャンになろうと決心。高校卒業後、親元を離れたアルはバンド仲間を見つけられず、ソロ活動をせざるを得ないが、ザ・ナックの「マイ・シャローナ」の替え歌「マイ・ボロニア(ボローニャ)」がラジオで大ウケしたことを機に、彼はプロ歌手の道を歩み始める。

作品データ

  • 原題/Weird: The Al Yankovic Story
  • 制作年/2022
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/108分
  • ジャンル/コメディ・ミュージカル/音楽映画

出演

役名 役者名
アル・ヤンコビック ダニエル・ラドクリフ
マドンナ エヴァン・レイチェル・ウッド
ERの医師 リン=マニュエル・ミランダ
ウルフマン・ジャック ジャック・ブラック
トニー・スコッティ アル・ヤンコビック
ドクター・ディメント レイン・ウィルソン

スタッフ

  • 監督
    エリック・アッペル
  • 製作
    エリック・アッペル
  • 製作
    リア・バーマン
  • 製作
    マイク・ファラほか
  • 脚本
    アル・ヤンコビック
  • 脚本
    エリック・アッペル
  • 撮影
    ロス・リーグ
  • 音楽
    レオ・ビレンバーグ
  • 音楽
    ザック・ロビンソン

関連特集

ジャパンプレミア

日本初登場となる海外の秀作をセレクト

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ジャパンプレミア

日本初登場となる海外の秀作をセレクト

平日夜は最新映画!

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの