ステージ
メトロポリタン・オペラ

テレンス・ブランチャード《チャンピオン》MET初演

7/13(土)午後0:30

メトロポリタン・オペラ

世界最高峰NY・メトロポリタン歌劇場のオペラを放送!MET初演、新演出、トップ歌手総出演の新たなシーズン、選りすぐりのゴージャスな7本を放送!!

ニューヨークにある世界最大のオペラハウス「メトロポリタン歌劇場」。ウィーン国立歌劇場、ミラノのスカラ座と並ぶ世界3大歌劇場であり、「MET(メト)」の愛称で親し 続きを読む

  • メトロポリタン・オペラ

    メトロポリタン・オペラ テレンス・ブランチャード《チャンピオン》MET初演

    7/13(土)午後0:30 7/13(土)午後0:30
    メトロポリタン・オペラ

    LGBTQ、人種問題などへのメッセージとともに、実在した黒人スターボクサーの半生を綴る感動作!ジャズとオペラを融合させたT・ブランチャードのオペラデビュー作。

    スパイク・リーなどの映画音楽を手掛けるジャズ界の大御所T・ブランチャードのオペラデビュー作がMET初登場!LGBTQ、人種問題などに関するメッセージとともに、実在した黒人スターボクサーの半生を綴った感動作。主人公は、同性愛者であることを隠し、対戦相手の死を背負い続けたボクシングの元世界王者エミール・グリフィス。「男を殺した俺を世界は許したが、男を愛した俺を世界は殺したがる」と、自身の性的指向に苦悩し、対戦相手を死なせてしまったことへの贖罪を求める姿が描かれる。
    ジャズ由来のハーモニーで心の痛みや闇を表わし、ボクシング指導をした元ヘビー級王者のマイケル・ベントのアドバイスによりダンスシーンにリアルな緊迫感を生んだ。注目は30キロ近く減量し役に挑んだライアン・スピード・グリーンの迫真の演技。晩年、パンチドランカーとなり認知症を患った主人公に、心の平穏は訪れるのか?涙なしには見られない感動作!

    収録日・収録場所

    • 2023年4月29日/アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク メトロポリタン歌劇場

    出演

    • ライアン・スピード・グリーン
    • エリック・オーウェンズ
    • ラトニア・ムーア
    • ステファニー・ブライズ

    スタッフ

    • 指揮
      ヤニック・ネゼ=セガン
    • 演出
      ジェイムズ・ロビンソン
    • 作曲
      テレンス・ブランチャード
    • 台本
      マイケル・クリストファー

    関連特集

    ジャズの巨匠 T・ブランチャードの世界

    土曜ステージ

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの