映画
658km、陽子の旅

現在、放送予定はありません。
658km、陽子の旅

「#マンホール」などの熊切和嘉監督が菊地凛子を主演に迎えて描くロードムービー。思いがけず東京から青森までヒッチハイクするはめになった孤独な中年女性の旅を綴る。

「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2019」で脚本部門審査員特別賞を受賞した室井孝介の作品を原案に熊切監督が映画化。同監督の商業映画デビュー作「空の穴」以来、およそ20年ぶりとなる菊地凛子とのタッグで、引きこもり同然だった女性のヒッチハイクの旅を綴る。この20年で「バベル」等の国際派女優となった菊地が、心を閉ざした主人公が自分を見つめ直していくさまを繊細に演じる。共演は、主人公の亡き父の幻影役にオダギリジョー、ほか竹原ピストル、風吹ジュンなど。

658km、陽子の旅

「#マンホール」などの熊切和嘉監督が菊地凛子を主演に迎えて描くロードムービー。思いがけず東京から青森までヒッチハイクするはめになった孤独な中年女性の旅を綴る。

漠然とした日々を過ごす42歳独身の在宅フリーター陽子は、ある日訪ねてきたいとこの茂から、上京を反対されて以来20年以上も断絶していた父の訃報を聞く。茂と彼の妻子とともに車で故郷の青森・弘前へ向かうことになった陽子だが、途中のサービスエリアで、彼女は子どもに気を取られた茂一家に置き去りにされてしまう。所持金はわずか、スマホは故障中で連絡も取れない。陽子はやむなくヒッチハイクで北を目指すのだが……。

作品データ

  • 制作年/2023
  • 制作国/日本
  • 内容時間/113分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
陽子 菊地凛子
工藤茂 竹原ピストル
立花久美子 黒沢あすか
小野田リサ 見上愛
木下静江 風吹ジュン
工藤昭政 オダギリジョー

スタッフ

  • 監督
    熊切和嘉
  • 原案
    室井孝介
  • 脚本
    室井孝介
  • 脚本
    浪子想
  • 撮影
    小林拓
  • 音楽
    ジム・オルーク

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの