映画
ザ・ホエール

5/24(金)午後9:00

5/28(火)午前11:15

ザ・ホエール

第95回アカデミー賞でB・フレイザーが主演男優賞を受賞。重度の肥満症の引きこもり男性は、魂を再生できるのか。監督は「ブラック・スワン」の鬼才D・アロノフスキー。

主人公チャーリーは体重272kgで余命わずかだが、元妻との間にいる17歳の娘との関係修復を望み……。舞台もずっと彼の自宅だけで、絶望的な境地に置かれたチャーリーの魂の再生を活写。「ハムナプトラ」シリーズ3本などの後、スランプが続いたフレイザーだが、本作では特殊メイク(アカデミー賞でメイク・ヘアスタイリング賞を受賞)の力も借りて主人公役を熱演し、みごとにカムバック。共演はアカデミー賞で助演女優賞候補になったH・チャウ、ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のS・シンク。

ザ・ホエール

第95回アカデミー賞でB・フレイザーが主演男優賞を受賞。重度の肥満症の引きこもり男性は、魂を再生できるのか。監督は「ブラック・スワン」の鬼才D・アロノフスキー。

40代の男性教師チャーリーは重度の肥満症で自宅に引きこもり、オンラインで仕事をする毎日。唯一の友人の看護師リズに面倒を見てもらっているが、実はチャーリーはリズの兄アランと交際するために元妻と離婚。そんなアランが亡くなってショックを受けたのが引きこもり生活の原因だった。鬱血性心不全で余命わずかになったチャーリーは17歳の娘エリーと8年ぶりに再会するが、エリーは自分と母親を捨てた父親を恨んでいて……。

作品データ

  • 原題/The Whale
  • 制作年/2022
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/117分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第95回(2022)アカデミー賞主演男優賞「ブレンダン・フレイザー」
  • 第95回(2022)アカデミー賞メイク・ヘアスタイリング賞

出演

役名 役者名
チャーリー ブレンダン・フレイザー
リズ ホン・チャウ
エリー セイディー・シンク
メアリー サマンサ・モートン
トーマス タイ・シンプキンス

スタッフ

  • 監督
    ダーレン・アロノフスキー
  • 製作
    ダーレン・アロノフスキー
  • 製作
    ジェレミー・ドーソン
  • 製作
    アリ・ハンデル
  • 脚本
    サミュエル・D・ハンター
  • 撮影
    マシュー・リバティーク
  • 音楽
    ロブ・シモンセン

関連特集

アンコール!放送と配信で観るアカデミー賞特集2024

W座からの招待状

WOWOWが今、もっとも観てほしい映画をご案内

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

アンコール!放送と配信で観るアカデミー賞特集2024

W座からの招待状

WOWOWが今、もっとも観てほしい映画をご案内

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの