ステージ
NODA・MAP「兎、波を走る」作・演出 野田秀樹

NODA・MAP「兎、波を走る」作・演出 野田秀樹
現在、放送予定はありません。

高橋一生、松たか子、多部未華子ら豪華出演陣が魅せる、野田秀樹2年ぶりの書き下ろし最新作。仮想現実、AI、虚実入り乱れたこの世界で、忘れてはならないものとは!?

野田秀樹率いるNODA・MAPによる2年ぶりの書き下ろし最新作。
出演は、『フェイクスピア』(2021年)でNODA・MAP初参加にして、その年度の読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞した高橋一生、そして昨年の『「Q」:A Night At The Kabuki』のワールドツアーで国内外の観客を魅了した松たか子。さらに今回NODA・MAP初参加となった多部未華子に加え、秋山菜津子、大倉孝二、大鶴佐助、山崎一ら、いずれ劣らぬ実力派が勢ぞろい。変幻自在の野田演出を縦横無尽の演技で彩り、森羅万象を肉体で華麗に表現をする18人のアンサンブルキャストにも注目だ。
野田が仕掛ける演出も、舞台装置や映像にアイデアがあふれる。現代社会が直面する仮想現実やAIと人間の関係性なども作品に盛り込み、連日当日券を求め多くの観客が列を成した話題作。果たして今回は観る者をどこに連れていくのか?
さらに高橋×松×多部×野田によるスペシャルインタビューもお届け!野田が作品に込めた想いや、俳優たちの稽古場での印象的なエピソードなど、作品をより深く多角的にお楽しみいただきたい。

NODA・MAP「兎、波を走る」作・演出 野田秀樹

高橋一生、松たか子、多部未華子ら豪華出演陣が魅せる、野田秀樹2年ぶりの書き下ろし最新作。仮想現実、AI、虚実入り乱れたこの世界で、忘れてはならないものとは!?

舞台は“つぶれかかった遊園地”。迷子になった娘を捜す母親の妄想が、遊園地でリハーサル中の“不思議の国のアリス”のショーと交錯していく。“世界的な劇作家”の末裔たちも絡んで、物語は展開していく。母は“兎”と出会い、娘の行方を求めて“兎”を追いかけるが……。

収録日・収録場所

  • 2023年7月8日/東京 東京芸術劇場 プレイハウス

出演

  • 高橋一生
  • 松たか子
  • 多部未華子
  • 秋山菜津子
  • 大倉孝二
  • 大鶴佐助
  • 山崎一
  • 野田秀樹

スタッフ

  • 作・演出
    野田秀樹

関連特集

関連特集

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの