映画
苦い涙

6/16(日)午前10:00

6/27(木)午後7:00

※中止の場合あり

苦い涙

今は亡きニュー・ジャーマン・シネマの鬼才、R・W・ファスビンダー監督の傑作「ペトラ・フォン・カントの苦い涙」を、F・オゾン監督が現代風にリメイクした話題作。

ファスビンダーを敬愛し、以前にも彼の戯曲をもとに映画「焼け石に水」を発表しているオゾン監督が、今回はファスビンダーの代表作の一つ「ペトラ・フォン・カントの苦い涙」のリメイクに挑戦。オリジナル版では、登場人物がみな女性だったのに対し、本作では、主人公をファスビンダーその人によく似た男性の映画監督にするなど、思い切った改変を施し、戯画的なおかしさに満ちた愉快な一作に仕上がった。「危険なプロット」「理想郷」のD・メノーシェが主人公を熱演するほか、Ⅰ・アジャーニ、H・シグラらが共演。

苦い涙

今は亡きニュー・ジャーマン・シネマの鬼才、R・W・ファスビンダー監督の傑作「ペトラ・フォン・カントの苦い涙」を、F・オゾン監督が現代風にリメイクした話題作。

助手のカールを奴隷のようにこき使いながら、事務所を兼ねた広大なアパルトマンの一室で暮らす、高名な映画監督のピーター。最近恋人と別れたばかりで落ち込んでいた彼のもとへ、ある日、親友で有名女優のシドニーが青年のアミールを連れて来訪。アミールの美しさに一目で魅せられたピーターは、早速彼をアパルトマンに住まわせ、ピーターの寵愛と後押しを受けたアミールは、新進の人気俳優として活躍するようになるのだが……。

作品データ

  • 原題/Peter von Kant
  • 制作年/2022
  • 制作国/フランス
  • 内容時間(字幕版)/86分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
ピーター・フォン・カント ドゥニ・メノーシェ
シドニー・フォン・グラーゼナプ イザベル・アジャーニ
アミール・ベンサレム ハリル・ガルビア
ローズマリー ハンナ・シグラ
カール ステファン・クレポン

スタッフ

  • 監督
    フランソワ・オゾン
  • 製作
    フランソワ・オゾン
  • 脚本
    フランソワ・オゾン
  • 撮影
    マニュエル・ダコッセ
  • 音楽
    クレモン・デュコル

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

「ペトラ・フォン・カントの苦い涙」&「苦い涙」連続放送

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

「ペトラ・フォン・カントの苦い涙」&「苦い涙」連続放送

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの