映画
ヒトラーのための虐殺会議

ヒトラーのための虐殺会議
現在、放送予定はありません。

1942年冬、ベルリンのとある邸宅で開催されたのは、<ユダヤ人問題の最終的解決>を決定する重要な会議だった。その会議の様子を史実に基づいて再現した衝撃の問題作。

1942年1月20日。ベルリン郊外、ヴァン湖畔のとある大邸宅にナチス・ドイツの政権を担う高官たちが一堂に集結し、ある会議を開催。そこで話し合われた議題は<ユダヤ人問題の最終的解決>について。すなわち、ヨーロッパ全土に住む1100万人ものユダヤ人たちを、いかに効率的に強制収容所に移送して抹殺するか、その計画の根本を決定するというものだった。この聞くだに恐ろしい会議はどのように進行したのか。その悪名高い<ヴァンゼー(ヴァン湖)会議>の全貌を、残された議事録をもとに冷ややかに描く。

ヒトラーのための虐殺会議

1942年冬、ベルリンのとある邸宅で開催されたのは、<ユダヤ人問題の最終的解決>を決定する重要な会議だった。その会議の様子を史実に基づいて再現した衝撃の問題作。

1942年1月20日。ナチス・ドイツ親衛隊の長官で国家保安本部の長官も務めるハイドリヒの呼びかけの下、ナチス・ドイツの政権を担う高官15名と秘書1名が、ベルリン郊外、ヴァン湖畔のとある大邸宅に集結し、ある会議が開催されることに。議題は<ユダヤ人問題の最終的解決>について。ヨーロッパ全土に住む1100万人ものユダヤ人たちを、いかに効率的に強制収容所に移送して抹殺するか、彼らはいとも事務的に話し合う。

作品データ

  • 原題/Die Wannseekonferenz
  • 制作年/2022
  • 制作国/ドイツ
  • 内容時間(字幕版)/112分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー・歴史劇/時代劇/西部劇

出演

役名 役者名
ラインハルト・ハイドリヒ フィリップ・ホフマイヤー
アドルフ・アイヒマン ヨハネス・アルマイヤー
カール・エバーハルト・シェーンガルト マキシミリアン・ブリュックナー
エーリッヒ・ノイマン マティアス・ブントシュー
ゲルハルト・クロップファー ファビアン・ブッシュ

スタッフ

  • 監督
    マッティ・ゲショネック
  • 製作
    ラインホルト・エルショット
  • 製作
    フリードリヒ・ウトカー
  • 脚本
    マグヌス・ファットロット
  • 脚本
    パウル・モンメルツ
  • 撮影
    テオ・ビールケンズ

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • やや、残念に思う作品だった。

    • ★★★☆☆
    • ひげじじい
    • 2023/11/17 16:50

    冬の時期になると、なぜかヴァンゼー会議を思い出す。
    最初に観た映画が「謀議」(2001)という米・英合作映画だった。いったい何のことかわからず、観ていたのだが、
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの