映画
夜、鳥たちが啼く

夜、鳥たちが啼く

3/18(月)午前1:00

佐藤泰志の同名短編小説を城定秀夫監督が鮮やかに映画化。奇妙な半同居生活をすることになった1組の男女が織り成す恋愛模様を、山田裕貴と松本まりかの共演で切なく綴る。

芥川賞に5度ノミネートされながら、いずれも受賞は逃し、1990年、41歳の若さで自ら命を絶った不遇な作家・佐藤。「そこのみにて光輝く」「きみの鳥はうたえる」など、近年映画化が相次ぎ、再評価が進む彼の小説の映画化に、「愛なのに」の城定監督が新たに挑戦。鬱屈した日々を送る売れない作家の家に、幼い息子を抱えたシングルマザーがしばらく居候することになったことから、彼らの間に生じる苦悩と葛藤を、やるせないタッチで描く。話題作への出演が相次ぐ主役の2人、山田&松本の息詰まる競演も見もの。

夜、鳥たちが啼く

佐藤泰志の同名短編小説を城定秀夫監督が鮮やかに映画化。奇妙な半同居生活をすることになった1組の男女が織り成す恋愛模様を、山田裕貴と松本まりかの共演で切なく綴る。

10代で作家デビューして高く評価されるも、その後は鳴かず飛ばずの状態が長く続き、同棲していた恋人の文子にも愛想を尽かされて別れるはめとなり、暗い日々を送る慎一。そんな彼のもとに、最近離婚したばかりの慎一の先輩の前妻・裕子が、ひとり息子のアキラを連れて居候として転がり込んでくる。行き場を失った母子に母屋の一軒家を提供し、自分は離れのプレハブで寝起きしながら創作活動に励むようになった慎一だったが……。

作品データ

  • 制作年/2022
  • 制作国/日本
  • 内容時間/116分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
慎一 山田裕貴
裕子 松本まりか
アキラ 森優理斗
文子 中村ゆりか
邦博 カトウシンスケ

スタッフ

  • 監督
    城定秀夫
  • 脚本
    高田亮
  • 撮影
    渡邊雅紀
  • 音楽
    石塚徹

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの