映画
ヒューマン・ボイス

ヒューマン・ボイス
現在、放送予定はありません。

スペインの巨匠P・アルモドバル監督が、J・コクトーの戯曲「人間の声」を独自に翻案映画化。恋人に去られた女性役でT・スウィントンが圧巻のひとり芝居を披露する短編。

20世紀を代表するマルチ芸術家コクトーが、恋人から別れを告げられた女性の心情を電話口での独白を通じて痛切に描いた、1930年初演の傑作戯曲「人間の声」。過去にも映画化された例があり、「欲望の法則」などでそれを部分的に試みた経験のあるアルモドバル監督が、今回改めてコクトーの原作を自在に翻案映画化。話題作への出演が相次ぐ屈指の名女優スウィントンが、恋人に去られたヒロインの孤独や苦悩、絶望、怒りなどを幅広い演技力で巧みに演じ分け、圧巻のひとり芝居を披露。濃密な傑作短編に仕上がった。

ヒューマン・ボイス

スペインの巨匠P・アルモドバル監督が、J・コクトーの戯曲「人間の声」を独自に翻案映画化。恋人に去られた女性役でT・スウィントンが圧巻のひとり芝居を披露する短編。

愛する恋人が別れを告げて出ていき、彼が置いていったスーツケースと愛犬とともに、部屋にぽつんと取り残されたひとりの女優。孤独や苦悩にさいなまれながら彼の帰りを3日間空しく待ち続け、一度外出した際に買って帰ったおので彼の衣服をメッタ切りにして怒りを発散させているところへ、ようやく彼から電話がかかってくる。はやる気持ちをどうにか抑えて彼と会話をする彼女だったが、次第に感情をあらわにするようになり……。

作品データ

  • 原題/La voz humana
  • 制作年/2020
  • 制作国/スペイン
  • 内容時間(字幕版)/31分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
ティルダ・スウィントン

スタッフ

  • 監督
    ペドロ・アルモドバル
  • 製作
    アグスティン・アルモドバル
  • 製作
    エステル・ガルシア
  • 脚本
    ペドロ・アルモドバル
  • 撮影
    ホセ・ルイス・アルカイネ
  • 音楽
    アルベルト・イグレシアス

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

平日夜は最新映画!

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの