映画
悲しみよさようなら

悲しみよさようなら
現在、放送予定はありません。

後にドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」で再ブレイクする、当時の若手女優W・ライダーらが共演。米国の地方を舞台に、若きヒロインの成長を描いた青春映画。

同年の「シザーハンズ」などでも活躍し、日本の映画ファンにも人気だったライダー。その後はスランプの時期もあったが21世紀、ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」で再ブレイク。そんなライダーの当時のキュートな魅力がたっぷりと味わえる青春映画。ドラマ「ニュースルーム」のJ・ダニエルズも大人の魅力を発揮。監督のJ・エイブラハムズは、「フライングハイ」「トップ・シークレット」などの監督トリオ“ZAZ”のひとりとしてコメディを得意としたが、本作では正統派青春映画に挑んで成功。

悲しみよさようなら

後にドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」で再ブレイクする、当時の若手女優W・ライダーらが共演。米国の地方を舞台に、若きヒロインの成長を描いた青春映画。

約15年前、オハイオ州の小さな田舎町を去った女性ロキシーは今や大スターとなり、彼女の帰郷を祝うイベントに向けて町は盛り上がる。そんな町で暮らしてきた少女ディンキーもまたロキシーに憧れていたが、ディンキーは父親デントンとロキシーの間に生まれた娘である可能性があった。一方、ディンキーの同級生ジェラルドは、ディンキーに好意を抱き出す。やがて町ではロキシーの帰郷を機会に、人間関係に波紋が広がっていき……。

作品データ

  • 原題/Welcome Home, Roxy Carmichael
  • 制作年/1990
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/97分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
ディンキー ウィノナ・ライダー
デントン ジェフ・ダニエルズ
ジェラルド トーマス・ウィルソン・ブラウン
エリザベス ライラ・ロビンズ
ロシェル フランシス・フィッシャー

スタッフ

  • 監督
    ジム・エイブラハムズ
  • 製作
    ペニー・フィンケルマン・コックス
  • 脚本
    カレン・リー・ホプキンス
  • 撮影
    ポール・エリオット
  • 音楽
    トーマス・ニューマン

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの