映画
あちらにいる鬼

あちらにいる鬼
現在、放送予定はありません。

寺島しのぶと豊川悦司の共演で、直木賞作家・井上荒野の小説を映画化した文芸ドラマ。妻子ある有名作家と不倫関係になった女性作家。彼の妻を交えた三角関係を濃密に描く。

小説家・井上光晴の娘・荒野が、両親と瀬戸内寂聴の特別な関係をモデルに描いたベストセラー小説を、「ヴァイブレータ」「やわらかい生活」などでコンビを組んだ脚本家・荒井晴彦&廣木隆一監督が映画化。「愛の流刑地」をはじめ何度も共演している寺島と豊川が、感情のぶつかり合いを息の合った演技で魅せる。また、広末涼子は豊川扮する夫の作家・白木の恋愛遍歴を知りながらも、彼を支える妻役を好演。寂聴に当る作家みはる役を演じた寺島は実際に剃髪して撮影に挑み、豊川、広末との演技合戦が見どころとなった。

あちらにいる鬼

寺島しのぶと豊川悦司の共演で、直木賞作家・井上荒野の小説を映画化した文芸ドラマ。妻子ある有名作家と不倫関係になった女性作家。彼の妻を交えた三角関係を濃密に描く。

1966年春。作家のみはるは徳島の講演会で気鋭の小説家・白木と出会う。このことをきっかけに、2人はともに妻子やパートナーがいながらも深い男女の関係になる。白木はクリスマスの夜でさえ身重の妻・笙子と長女を置いて、みはると過ごす。それでも、笙子は篤郎がノートになぐり書きする原稿を清書するという自分の役目を守っていた。しかし関係が長くなると、出会ったときのような情熱は白木からもみはるからも失われ……。

作品データ

  • 制作年/2022
  • 制作国/日本
  • 内容時間/140分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
長内みはる/寂光 寺島しのぶ
白木篤郎 豊川悦司
白木笙子 広末涼子
小桧山真二 高良健吾
村上淳
新城 宇野祥平
白木サカ 丘みつ子

スタッフ

  • 監督
    廣木隆一
  • 脚本
    荒井晴彦
  • 撮影
    桑原正
  • 音楽
    鈴木正人

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの