映画
マイ・ブロークン・マリコ

マイ・ブロークン・マリコ
現在、放送予定はありません。

大きな反響を呼んで絶賛を博した平庫ワカの同名コミックを、タナダユキ監督が実写映画化。亡き親友の遺骨を抱いて旅に出たヒロインを永野芽郁が熱演した感動の友情ドラマ。

ネットでの連載開始以来、SNS上で大きな反響を呼び、単行本も即重版。第24回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞に輝くなど、絶賛を博した平庫の同名コミック。「ロマンスドール」のタナダ監督がこれにすっかり惚れ込み、ここにその実写映画版が誕生。幼い頃から薄幸な人生を歩んだ末、若くしてこの世を去った親友のマリコを弔うため、彼女の遺骨を抱いて旅に出たOLのシイノ。そんな女性2人の生死を超えた友情を、NHKの連続TV小説「半分、青い。」でも親友同士に扮した永野と奈緒の共演で熱く描く。

マイ・ブロークン・マリコ

大きな反響を呼んで絶賛を博した平庫ワカの同名コミックを、タナダユキ監督が実写映画化。亡き親友の遺骨を抱いて旅に出たヒロインを永野芽郁が熱演した感動の友情ドラマ。

ブラック企業で働くOLのシイノは、ある日TVのニュースで、親友のマリコがマンションから転落死したことを知らされ、呆然自失となる。マリコは幼い頃から父親の虐待を受け、体中に痛々しい傷痕のある、薄幸な人生を歩んでいた。シイノは、そんな毒親からマリコの遺骨を奪い取ると、学生時代にマリコが行きたがっていた海で彼女を弔おうと、遺骨を抱いて旅へと出発。その道中、シイノは見知らぬ男性のマキオから親切を受ける。

作品データ

  • 制作年/2022
  • 制作国/日本
  • 内容時間/86分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
シイノトモヨ 永野芽郁
イカガワマリコ 奈緒
マキオ 窪田正孝
マリコの実父 尾美としのり
タムラキョウコ 吉田羊

スタッフ

  • 監督
    タナダユキ
  • 脚本
    向井康介
  • 脚本
    タナダユキ
  • 撮影
    高木風太
  • 音楽
    加藤久貴

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの