映画
スザンヌ、16歳

スザンヌ、16歳
現在、放送予定はありません。

俳優一家に生まれたフランスの注目の新星S・ランドンが、弱冠20歳で監督・脚本・主演を務め、憧れの年上の男性と運命の恋に落ちる少女の姿を切なく描いた青春初恋映画。

「TITANE/チタン」のヴァンサン・ランドンと「愛しのベイビー」のサンドリーヌ・キベルラン。ともにフランスの人気俳優である2人の愛娘として2000年に生まれたS・ランドンが、15歳のときに執筆した脚本をもとに、本作で念願の監督デビュー。年上の男性に恋した多感な高校生の少女の胸の高鳴りや不安、苦悩を自らの初主演で甘酸っぱくも切なく描き、2020年カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクションに選定されて大きな話題を呼んだ。共演は「BPM ビート・パー・ミニット」のA・ヴァロワ。

スザンヌ、16歳

俳優一家に生まれたフランスの注目の新星S・ランドンが、弱冠20歳で監督・脚本・主演を務め、憧れの年上の男性と運命の恋に落ちる少女の姿を切なく描いた青春初恋映画。

両親と姉とともにパリのモンマルトルで暮らす、16歳のスザンヌ。高校生活に退屈し、同級生たちとも微妙に距離を置いていた彼女は、通学途中にあるカフェや劇場の前でたまに見かける年上の男性に心惹かれるようになり、彼の様子を遠くからそっと観察するようになる。その男性ラファエルは、劇場で開演間近の舞台劇の稽古をしているところだった。やがて彼と実際に知り合い、付き合うようになった彼女は、甘酸っぱい恋の味を知る。

作品データ

  • 原題/Seize printemps
  • 制作年/2020
  • 制作国/フランス
  • 内容時間(字幕版)/78分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
スザンヌ スザンヌ・ランドン
ラファエル アルノー・ヴァロワ
スザンヌの父 フレデリック・ピエロ
スザンヌの母 フロランス・ヴィアラ
マリー レベッカ・マルデール

スタッフ

  • 監督
    スザンヌ・ランドン
  • 製作
    キャロリーヌ・ボンマルシャン
  • 脚本
    スザンヌ・ランドン
  • 撮影
    ジェレミー・アタール
  • 音楽
    ヴァンサン・ドゥレルム

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの