映画
復讐は私にまかせて

復讐は私にまかせて
現在、放送予定はありません。

過去のトラウマから性的不能になった荒くれ男と、伝統武術シラットの達人であるヒロイン。2人の激しい恋と男のトラウマの原因である敵への復讐劇を描いた武闘アクション。

インドネシアの俊英エドウィン監督による注目作。スイスで行なわれた第74回ロカルノ国際映画祭でグランプリに当たる金豹賞に輝いた。ケンカ自慢の荒くれ男と東南アジアの伝統武術シラットの達人である用心棒のヒロイン。敵として出会った2人はやがて激しく惹かれ合うが、ある過去から性的不能になった主人公はヒロインとの恋をためらい……。主人公のトラウマが明かされ、ヒロインの復讐劇が開始されてからの悲劇的展開など、予想を裏切っていくストーリーが見どころ。日本から芦澤明子が撮影監督として参加した。

復讐は私にまかせて

過去のトラウマから性的不能になった荒くれ男と、伝統武術シラットの達人であるヒロイン。2人の激しい恋と男のトラウマの原因である敵への復讐劇を描いた武闘アクション。

荒くれ者の青年アジョは、ある悪党を成敗する中で、シラットの達人である用心棒の女性イトゥンと相対する。激闘の末、互いを認め合った2人は激しく惹かれ合うが、少年期のトラウマで性的不能となったアジョは彼女を幸せにできないと恋をためらう。イトゥンは彼の苦悩を受け入れた上でなお一途な気持ちをささげ、2人は結婚。やがて、アジョから過去を明かされたイトゥンは、彼のトラウマを作った男たちへの復讐を企てるが……。

作品データ

  • 原題/Seperti dendam, rindu harus dibayar tuntas
  • 制作年/2021
  • 制作国/インドネシア/シンガポール/ドイツ
  • 内容時間(字幕版)/115分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
アジョ・カウィル マルティーノ・リオ
イトゥン ラディア・シェリル
ジェリタ ラトゥ・フェリーシャ
ブディ レザ・ラハディアン

スタッフ

  • 監督
    エドウィン
  • 製作
    メイスク・タウリシア
  • 製作
    ムハンマド・ザイディ
  • 脚本
    エドウィン
  • 脚本
    エカ・クルニアワン
  • 撮影
    芦澤明子
  • 音楽
    デイヴ・ルメンタ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの