映画
長崎の郵便配達

長崎の郵便配達
現在、放送予定はありません。

元英空軍大佐P・タウンゼンド氏が長崎で被爆した郵便配達員の体験を綴ったノンフィクション小説を軸に、長崎を訪れた氏の娘が父の足跡をたどるドキュメンタリー。

「ローマの休日」のモデルになったとされるマーガレット王女との悲恋が有名な元空軍大佐タウンゼンド氏は、長崎で郵便配達員をしていた16歳時に被爆した谷口稜曄(すみてる)氏に出会い、彼の体験を綴ったノンフィクション小説「ナガサキの郵便配達」を1984年に上梓した。本作はタウンゼンド氏の娘である女優イザベル・タウンゼンドが父の足跡をたどり、谷口氏の遺族を訪ねる旅を追ったドキュメンタリーだ。被爆直後の焼け野原や被爆者の凄惨な姿と、現在の長崎の美しい風景が核兵器の非道さを浮き彫りにする。

長崎の郵便配達

元英空軍大佐P・タウンゼンド氏が長崎で被爆した郵便配達員の体験を綴ったノンフィクション小説を軸に、長崎を訪れた氏の娘が父の足跡をたどるドキュメンタリー。

女優イザベル・タウンゼンドは、亡き父ピーターが記したノンフィクション小説「ナガサキの郵便配達」を手に取った。かつて英空軍の英雄だった父は、長崎で郵便配達中に被爆した谷口稜曄氏と出会い、1984年にこの本を出版した。2018年夏、父と谷口氏との想いをより理解したいと願うイザベルは、長崎を訪れる。時に父が残した当時のボイスメモに耳を傾けながら、彼女は少年時代の谷口氏が郵便を届けて回った町を歩いて行く。

作品データ

  • 制作年/2021
  • 制作国/日本
  • 内容時間(字幕版)/98分
  • ジャンル/ドキュメンタリー

出演

  • イザベル・タウンゼンド
  • 谷口稜曄
  • ピーター・タウンゼンド

スタッフ

  • 監督
    川瀬美香
  • 構成
    大重裕二
  • 撮影
    川瀬美香
  • 音楽
    明星/Akeboshi

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの