映画
ノー・セインツ 報復の果て

ノー・セインツ 報復の果て
現在、放送予定はありません。

犯罪稼業から足を洗うことを心に誓って出所した元殺し屋の主人公が、否応なく血で血を洗う世界へ引き戻されるはめに。豪華キャストの競演で贈るバイオレンスアクション。

「タクシードライバー」の脚本を手掛け、自ら監督した「アメリカン・ジゴロ」「魂のゆくえ」などの作品でも知られる実力派映画作家のP・シュレイダー。本作は、彼が脚本を書き、当初は彼自身が監督も兼任するはずだったものの、企画の進行に遅れが生じる間に監督や主要キャストの顔触れが次々と交代。結局、「不倫する肉体」のJ・M・ヤスピクが主役を務める一方、T・ロス、R・パールマンらが豪華共演。映画の撮影自体は2013年に行なわれ、長い空白期間を経て2022年にようやく完成・公開されるに至った。

ノー・セインツ 報復の果て

犯罪稼業から足を洗うことを心に誓って出所した元殺し屋の主人公が、否応なく血で血を洗う世界へ引き戻されるはめに。豪華キャストの競演で贈るバイオレンスアクション。

〈拷問師〉の異名で恐れられた元殺し屋のネト。ある事件で逮捕された彼は死刑宣告を受けるが、その後、警察のでっち上げによる冤罪であることが判明し、釈放の身となる。犯罪稼業から足を洗うことを心に誓って出所したネトは、別れた妻のナディアと息子のフリオと久々の再会を果たすが、ナディアは地元の悪玉ヴィンセントに惨殺され、フリオも彼に誘拐されてしまう。かくしてネトは息子を奪還すべく、ヴィンセントの後を追う。

作品データ

  • 原題/There Are No Saints
  • 制作年/2022
  • 制作国/アメリカ/メキシコ
  • 内容時間(字幕版)/100分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
ネト ホセ・マリア・ヤスピク
イネス シャニン・ソサモン
ナディア パス・ベガ
エイブラハムズ ティム・ロス
サンズ ロン・パールマン
ヴィンセント ニール・マクドノー

スタッフ

  • 監督
    アルフォンソ・ピネダ・ウジョア
  • 製作総指揮
    アルフォンソ・ピネダ・ウジョア
  • 製作総指揮
    ポール・シュレイダーほか
  • 製作
    ホセ・マルティネス・ジュニア
  • 製作
    サンティアゴ・ガルシア・ガルバン
  • 製作
    アレックス・ガルシア
  • 脚本
    ポール・シュレイダー
  • 撮影
    マテオ・ロンドノ
  • 音楽
    ヘイター・ペレイラ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの