大型シリーズ「WHOIAMパラリンピック」に加え、アーティストやクリエイターなど多様な顔ぶれが登場する追加シリーズ「WHOIAM LIFE」の最新シーズン。 

2016年にスタートし、国内外で多くの評価を得てきた「WHO I AM」シリーズがパワーアップして再始動。これまで同様にWOWOWとIPC(国際パラリンピック委 続きを読む

  • ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM LIFE

    ヴィクトリア・モデスタ(バイオニック・ポップ・アーティスト)

    4/26(金)午前6:00 4/26(金)午前6:00
    5/7(火)午前8:00 5/7(火)午前8:00
  • ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM LIFE

    チェラ・マン(アーティスト)

    4/26(金)午前7:00 4/26(金)午前7:00
    5/8(水)午前8:00 5/8(水)午前8:00
  • ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM LIFE

    マイケル・ハウウェル(作曲家)

    4/26(金)午前8:00 4/26(金)午前8:00
    5/9(木)午前8:00 5/9(木)午前8:00
  • ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM LIFE

    ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM LIFE シディキ・コンデ(ミュージシャン)

    4/26(金)午前9:00 4/26(金)午前9:00
    5/10(金)午前8:00 5/10(金)午前8:00
    ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM LIFE

    ギニア生まれ。ポリオを患い車いす生活に。音楽とダンスに出会い、NY公演の参加をきっけかに移住。60歳を過ぎた今、音楽を教えながら次世代へとバトンをつなぐ。

    ギニア生まれのシディキ・コンデは14歳の時にポリオを患い、車いす生活に。祭りや行事を通して音楽とダンスに出会う。ユニットを組み、活動の場は村から街へ、そして首都へと変わっていった。1998年、ギニアのダンスカンパニーのNY公演に参加したことをきっかけに活動拠点をNYに移す。60歳を過ぎた今、彼はNYやアフリカで、大人や子どもたちに音楽を教えながら、次世代へとバトンをつないでいる。

    出演

    • 出演
      シディキ・コンデ(ミュージシャン)
    • ナビゲーター
      仲里依紗

    スタッフ

    • 音楽
      梁邦彦
    • フォトグラファー
      新田桂一
    • ディレクター/プロデューサー
      ナカジマユウ
    • プロデューサー
      高橋岳
    • プロデューサー
      畑希亜良
    • チーフプロデューサー
      太田慎也
    • In support of #WeThe15
       
    • 制作協力
      kofuba
  • ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM LIFE

    ユリア・クノル(舞台俳優)

    4/26(金)午前10:00 4/26(金)午前10:00
    5/11(土)午前7:30 5/11(土)午前7:30
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの