メニュー

映画
ズタボロ

ズタボロ

6/9(木)午後1:00

タスクの主演でゲッツ板谷の半自伝的ヤンキー小説を映画化。地元の暴走族に入ったものの理不尽な扱いを受ける高校生が、過酷な状況を打破するためヤクザの舎弟に志願する。

2007年に映画化もされた小説「ワルボロ」の続編に当たる「メタボロ」「ズタボロ」を、「探偵はBARにいる」シリーズやドラマ「相棒」シリーズなどのベテラン橋本一監督が映画化。タスク演じる主人公コーイチが暴走族からリンチを受ける場面ほか、ケンカの場面は痛みが伝わってくる迫力で、一方コーイチと友人たちの友情には思わず胸が熱くなる。コーイチを見守る母親・良子役の南果歩、コーイチの前に突然現われて状況を引っかき回したかと思えばヤクザとしてのすご味を見せる竹脇役・佐藤二朗の演技も見もの。

My番組登録者数
  • 302
ズタボロ

タスクの主演でゲッツ板谷の半自伝的ヤンキー小説を映画化。地元の暴走族に入ったものの理不尽な扱いを受ける高校生が、過酷な状況を打破するためヤクザの舎弟に志願する。

不良高校生であるコーイチは大物ぶろうと、地元で最凶の暴走族である“立川獄門”に入る。だがそこで待っていたのは、“新人教育”とは名ばかりである、先輩たちからのひどい扱い。ついにはその理不尽さに耐えきれず、コーイチの一番の親友ヤッコが心を病んでしまう。仇討ちを誓うコーイチは、暴走族に対抗する力が欲しいと、ヤクザの舎弟になることを決心する。だがそこは、無慈悲な暴力がさらにあふれ、戦慄を覚える世界だった。

作品データ

  • 制作年/2015
  • 制作国/日本
  • 内容時間/111分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
板谷コーイチ タスク
清美 千眼美子
植木 堀井新太
成田瑛基
ヤッコ 荒井敦史
竹脇 佐藤二朗
滿 平田満
良子 南果歩

スタッフ

  • 監督
    橋本一
  • 脚本
    高橋泉
  • 撮影
    葛西誉仁
  • 音楽
    海田庄吾

関連特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの