メニュー

映画
DUNE/デューン 砂の惑星

DUNE/デューン 砂の惑星

7/7(木)午後2:30

7/18(月・祝)午後5:00

第94回アカデミー賞で同年最多の6部門を受賞。F・ハーバートによるSF小説の名作「デューン砂の惑星」を映画化し、砂漠の惑星で起きる壮大なバトルを迫力満点で描写。

かつてデヴィッド・リンチ監督が映画化したこともある「デューン砂の惑星」を、「メッセージ(2016)」「ブレードランナー 2049」のD・ヴィルヌーヴ監督が再映画化。砂漠の惑星を舞台にしたことなどが後の「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」ほか無数のSF作品に影響を与えた原作だが、ヴィルヌーヴ監督はハリウッドの一流スタッフ、T・シャラメ、ゼンデイヤら豪華キャスト陣を得て、スケール感たっぷりにSFスペクタクルアクションを展開。続編が2023年秋に全米公開される予定だ。

My番組登録者数
  • 711
DUNE/デューン 砂の惑星

第94回アカデミー賞で同年最多の6部門を受賞。F・ハーバートによるSF小説の名作「デューン砂の惑星」を映画化し、砂漠の惑星で起きる壮大なバトルを迫力満点で描写。

遠い未来。レト公爵とその息子ポールらアトレイデス家は、宇宙帝国の皇帝の命令で“デューン”と呼ばれる砂の惑星アラキスに移住し、そこを統治することに。だが、それは一家の宿敵ハルコンネン家による罠だった。アラキスは宇宙で最も価値がある物質、メランジの産地だったが、砂の中には巨大生物“サンドワーム”がいて危険な星。やがてハルコンネン家はメランジを奪おうとアトレイデス家に襲い掛かり、ポールは逃亡するが……。

作品データ

  • 原題/Dune
  • 制作年/2021
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/156分
  • 内容時間(吹替版)/156分
  • ジャンル/アクション/冒険・SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
ポール・アトレイデス ティモシー・シャラメ 入野自由
レディ・ジェシカ レベッカ・ファーガソン 皆川純子
レト・アトレイデス公爵 オスカー・アイザック 森川智之
ガーニイ・ハレック ジョシュ・ブローリン 大塚芳忠
ハルコンネン男爵 ステラン・スカルスガルド 勝部演之
ラッバーン デイヴ・バウティスタ 立木文彦
チャニ ゼンデイヤ 内田真礼
ガイウス・ヘレネ・モヒアム シャーロット・ランプリング 野沢由香里
ダンカン・アイダホ ジェイソン・モモア 安元洋貴
スティルガー ハビエル・バルデム 大塚明夫

スタッフ

  • 監督
    ドゥニ・ヴィルヌーヴ
  • 製作
    ドゥニ・ヴィルヌーヴ
  • 製作
    メアリー・ペアレント
  • 製作
    ケイル・ボイターほか
  • 脚本
    ドゥニ・ヴィルヌーヴ
  • 脚本
    ジョン・スペイツ
  • 脚本
    エリック・ロス
  • 撮影
    グレイグ・フレイザー
  • 音楽
    ハンス・ジマー

関連特集

「DUNE/デューン 砂の惑星」放送記念!「デューン」スペシャル

アカデミー賞でも話題のSF大作を初放送!

「ドライブ・マイ・カー」放送記念!第94回アカデミー賞受賞作特集

受賞した日本映画など計4本の秀作を特集!

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

平日夜は最新映画!

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

「DUNE/デューン 砂の惑星」放送記念!「デューン」スペシャル

アカデミー賞でも話題のSF大作を初放送!

「ドライブ・マイ・カー」放送記念!第94回アカデミー賞受賞作特集

受賞した日本映画など計4本の秀作を特集!

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

平日夜は最新映画!

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの