メニュー

映画
DAU. ナターシャ[R15+指定版]

DAU. ナターシャ[R15+指定版]

7/15(金)午前2:30

7/16(土)午前0:00

かつての〈ソ連全体主義〉を完全再現するという実験的プロジェクトの映画化第1弾として発表され、第70回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(芸術貢献賞)を受賞した問題作。

かつての〈ソ連全体主義〉を完全再現するという壮大な構想の下、ロシアの奇才I・フルジャノフスキーは、前代未聞の実験的プロジェクトに着手。1950年代のソ連の秘密研究都市を模した欧州史上最大のセットを建造し、そこに主要キャストや1万人にも及ぶエキストラを実際に当時の様式のまま生活させて、その様子を断続的に撮影。700時間にも及ぶ膨大なフッテージの中から映画化第1弾として発表されたのが、本作。全体主義体制下での生活がいかなるものか観客にも体感できる、戦慄的な作品に仕上がった。

My番組登録者数
  • 229
DAU. ナターシャ[R15+指定版]

かつての〈ソ連全体主義〉を完全再現するという実験的プロジェクトの映画化第1弾として発表され、第70回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(芸術貢献賞)を受賞した問題作。

1952年、旧ソ連の某所にある秘密研究所。その施設では大勢の科学者たちが軍事的な研究に日夜没頭。ある日、フランス人科学者リュックの立ち会いの下、とある装置を使った奇妙な実験が行なわれた後、彼らは施設に併設された食堂でパーティーを開催。食堂で働くウェイトレスのナターシャとオーリャも交えて、どんちゃん騒ぎが繰り広げられた末、ナターシャはリュックと、お互いに言葉も通じないまま一夜をともにするのだが……。

作品データ

  • 原題/DAU. Natasha
  • 制作年/2020
  • 制作国/ドイツ/ウクライナ/イギリス/ロシア
  • 内容時間(字幕版)/140分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
ナターシャ ナターリヤ・ベレジナヤ
オーリャ オリガ・シカバルニャ
アジッポ ウラジーミル・アジッポ
リュック リュック・ビジェ

スタッフ

  • 監督
    イリヤ・フルジャノフスキー
  • 共同監督
    エカテリーナ・エルテリ
  • 脚本
    イリヤ・フルジャノフスキー
  • 脚本
    エカテリーナ・エルテリ
  • 撮影
    ユルゲン・ユルゲス

関連特集

映画に出会う![ベルリン国際映画祭2022]

2月開催予定の国際映画祭に合わせた秀作選

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

映画に出会う![ベルリン国際映画祭2022]

2月開催予定の国際映画祭に合わせた秀作選

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの