メニュー

映画
最後の決闘裁判

最後の決闘裁判

6/5(日)午後11:10

「グラディエーター」のR・スコット監督がM・デイモン、A・ドライヴァーら豪華キャスト陣を迎えた歴史ドラマ大作。実話に基づき、14世紀にあった“決闘裁判”を再現。

中世のヨーロッパ、一部の国々では裁判の原告と被告の決闘の結果をもって判決にした。そんな理不尽な“決闘裁判”を現代、名手スコット監督は出演者でもある「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」の名コンビ、デイモン、B・アフレックらによる脚本(E・ジェイガーによる「決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル」が原作)を得て再現。ある事件を複数の視点から見た日本の黒澤明監督の「羅生門」のスタイルを踏襲し、観客を考えさせる。ドラマ「キリング・イヴ/Killing Eve」のJ・カマーも熱演。

My番組登録者数
  • 482
最後の決闘裁判

「グラディエーター」のR・スコット監督がM・デイモン、A・ドライヴァーら豪華キャスト陣を迎えた歴史ドラマ大作。実話に基づき、14世紀にあった“決闘裁判”を再現。

1386年。ノルマンディー地方の騎士カルージュは妻マルグリットと暮らすが、新たな領主として王のいとこ、ピエール2世が赴任。カルージュとその親友ル・グリはピエール2世に忠誠を誓うが、ル・グリのほうが重用されてカルージュは困惑。マルグリットのカルージュに対する愛情は冷めていたが、やがてマルグリットがル・グリから暴行を受けたと訴える事態に。ル・グリは自身とカルージュの決闘を通じて罪を問われることに……。

作品データ

  • 原題/The Last Duel
  • 制作年/2021
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/153分
  • 内容時間(吹替版)/153分
  • ジャンル/アクション/冒険・歴史劇/時代劇/西部劇

出演

役名 役者名
ジャン・ド・カルージュ マット・デイモン 平田広明
ジャック・ル・グリ アダム・ドライヴァー 津田健次郎
マルグリット ジョディ・カマー ブリドカットセーラ恵美
アランソン伯ピエール2世 ベン・アフレック 堀内賢雄
ル・コック ジェリコ・イヴァネク 佐々木省三

スタッフ

  • 監督
    リドリー・スコット
  • 製作
    リドリー・スコット
  • 製作
    マット・デイモン
  • 製作
    ベン・アフレックほか
  • 脚本
    マット・デイモン
  • 脚本
    ベン・アフレック
  • 脚本
    ニコール・ホロフセナー
  • 撮影
    ダリウス・ウォルスキー
  • 音楽
    ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

関連特集

メガヒット劇場

大ヒット最新作が続々登場!

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

メガヒット劇場

大ヒット最新作が続々登場!

平日夜は最新映画!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの