メニュー

ステージ
「泥人魚」宮沢りえ×磯村勇斗×愛希れいか×風間杜夫 作・唐十郎 演出・金守珍

「泥人魚」宮沢りえ×磯村勇斗×愛希れいか×風間杜夫

8/6(土)午後0:15

唐十郎が演劇賞を席巻した傑作戯曲に宮沢りえ、磯村勇斗、愛希れいか、風間杜夫ら豪華キャストが集結!演出は蜷川幸雄、唐十郎に師事した金守珍。

劇団唐組によって2003年に初演され、第55回読売文学賞の戯曲・シナリオ賞、第38回紀伊國屋演劇賞(個人賞)、第7回鶴屋南北戯曲賞、および第11回読売演劇大賞の優秀演出家賞を受賞した伝説の戯曲「泥人魚」。初演以来18年ぶりに上演されたこの名作を放送する。
演出は蜷川幸雄や唐十郎に師事した金守珍。出演は、唐の舞台作品へは本作で4作目の出演であり、現代のアングラ演劇界のミューズと呼び声高い宮沢りえ。彼女は「死と乙女」以来、約2年ぶりに舞台に登場する。NHK大河ドラマ「青天を衝け」の徳川家茂役でも話題の磯村勇斗、宝塚歌劇団月組トップ娘役として人気を博し、本作で初のストレートプレーに挑む愛希れいかが唐作品に初挑戦。また、風間杜夫が初演で唐十郎が演じた役で出演する。さらに、岡田義徳、大鶴美仁音、渡会久美子、広島光、島本和人、八代定治、宮原奨伍、板倉武志、奈良原大泰、キンタカオ、趙博、石井愃一、金守珍、六平直政と、本作にふさわしい、くせ者が結集。演劇賞を総なめ、演劇界を席巻し、「唐十郎の集大成」と呼ばれる傑作に注目してほしい。

My番組登録者数
  • 301
「泥人魚」宮沢りえ×磯村勇斗×愛希れいか×風間杜夫

唐十郎が演劇賞を席巻した傑作戯曲に宮沢りえ、磯村勇斗、愛希れいか、風間杜夫ら豪華キャストが集結!演出は蜷川幸雄、唐十郎に師事した金守珍。

港の町を去って、今は都会の片隅にあるブリキ店で暮らす蛍一(磯村勇斗)。店主の静雄(風間杜夫)は、まだらボケの詩人だ。日が落ちると急にダンディーな夜の詩人と化す。ある時、店に現われたのは詩人を「先生」と呼ぶ、しらない二郎(岡田義徳)。二郎は詩人・静雄の元門下生であり、蛍一とは長崎の諫早湾の漁港でともに働いた仲だった。干拓事業の賛否に揺れる漁港では、湾を分断する“ギロチン堤防”が内側の調整池の水を腐らせ不漁が続き、調整池の埋め立てに反対だった仲間の漁師が、次々と土建屋に鞍替えしていく。そんな現実に絶望した蛍一は、港の町を去ったのだ。一方の二郎は、実は港に派遣された“さぐり屋”だった。依頼主は、月の裏側を熟知しているとのたまう月影小夜子(愛希れいか)。二郎の裏切りを蛍一がなじっていると、蛍一を捜して、やすみ(宮沢りえ)という女が現われる。

収録日・収録場所

  • 2021年12月15日/東京 Bunkamuraシアターコクーン

出演

  • 宮沢りえ
  • 磯村勇斗
  • 愛希れいか
  • 岡田義徳
  • 大鶴美仁音
  • 渡会久美子
  • 広島光
  • 島本和人
  • 八代定治
  • 宮原奨伍
  • 板倉武志
  • 奈良原大泰
  • キンタカオ
  • 趙博
  • 石井愃一
  • 金守珍
  • 六平直政
  • 風間杜夫

スタッフ

  • 唐十郎
  • 演出
    金守珍

関連特集

関連特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの