《青春は気まずさでできた密室だ》11人の高校生たちが送る“五つ”の密室劇。小さな謎と会話を通じて様相が変わる人間関係――。真相を探り合う、新感覚青春ミステリー。

デビュー作で鮎川哲也賞を受賞し、“平成のエラリー・クイーン”と称された⻘崎有吾の“密室型”⻘春ミステリーを連続ドラマ化!主人公たちが抱える小さな謎が会話劇の中で 続きを読む

6
  • 早朝始発の殺風景

    「第2話 メロンソーダ・ファクトリー」

    4/12(金)午後9:30 4/12(金)午後9:30
  • 早朝始発の殺風景

    「第3話 夢の国には観覧車がない」

    4/19(金)午後9:30 4/19(金)午後9:30
  • 早朝始発の殺風景

    「第4話 捨て猫と兄妹喧嘩」

    4/26(金)午後9:30 4/26(金)午後9:30
  • 早朝始発の殺風景

    「第5話 三月四日、午後二時半の密室」

    5/3(金・祝)午後9:30 5/3(金・祝)午後9:30
  • 早朝始発の殺風景

    早朝始発の殺風景 「最終話 啄木町の七不思議」

    5/10(金)午後9:30 5/10(金)午後9:30
    早朝始発の殺風景

    《青春は気まずさでできた密室だ》11人の高校生たちが送る“5つ”の密室劇。小さな謎と会話を通じて様相が変わる人間関係――。真相を探り合う、新感覚青春ミステリー

    地道な捜査の結果、ついに犯人を追い詰める殺風景と加藤木。そして、その数カ月後――啄木高校には以前のような平穏な日々が戻った。だが、その一方で、秘密を共有したはずの2人の間には微妙な距離感が生じていた。校内で殺風景とすれ違っても、他人顔でよそよそしい態度を取る加藤木。彼が何かを隠していると考えた殺風景は、正面から加藤木を問い詰めるが、対する加藤木の胸の内には、殺風景への複雑な想いが渦巻いていた。

    出演

    • 山田杏奈
    • 奥平大兼
    • 吉川愛
    • 中田青渚
    • 尾碕真花
    • 伊藤あさひ
    • 望月歩
    • 髙橋ひかる
    • 萩原利久
    • 藤野涼子
    • 茅島みずき
    • 瀧七海

    スタッフ

    • 原作
      青崎有吾『早朝始発の殺風景』(集英社文庫)
    • 脚本監修
      岡田惠和
    • 脚本
      濱田真和
    • 音楽
      田渕夏海
    • 主題歌
      yutori「モラトリアム」
    • 監督
      瀧悠輔

    関連特集

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの