音楽
パヴァロッティ ライブ・イン・セントラルパーク 1993

パヴァロッティ ライブ・イン・セントラルパーク 1993

10/24(日)よる6:45

50万人が集まった真夏のニューヨーク。パヴァロッティの美声による至高の歌が、摩天楼の空間を極彩色に染め上げる!

My番組登録者数
  • 346
パヴァロッティ ライブ・イン・セントラルパーク 1993

50万人が集まった真夏のニューヨーク。パヴァロッティの美声による至高の歌が、摩天楼の空間を極彩色に染め上げる!

キング・オブ・ハイCの“神の声”を持つイタリアの国宝と称され、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスとともに三大テノールとして世界的人気を博したルチアーノ・パヴァロッティ。彼が1993年6月26日に米・ニューヨークのセントラルパークで行なったコンサートの模様をお届け。
パヴァロッティは、ロンドンのハイドパーク(1991年)を皮切りに大規模な野外コンサートを何度も行なっているが、このセントラルパーク公演は50万人の観客が集った最大規模のもので、その全景映像は圧巻。6月の爽やかな季節だけに観客の多くはカジュアルなTシャツ姿だ。そんな雰囲気の中、オペラの有名なアリアに「A列車で行こう」などのジャズナンバーや、「オ・ソレ・ミオ」など母国の愛唱歌を交えた多彩な楽曲を歌う彼の歌声は伸びやかで力強い。コンサートの最後を締めくくる「誰も寝てはならぬ」の壮大な歌唱まで、パヴァロッティの魅力が存分に味わえる。

収録日・収録場所

  • 1993年6月26日/アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク セントラルパーク

楽曲情報

  • 歌劇《ルイザ・ミラー》序曲(ヴェルディ)
  • 穏やかな夜には(ヴェルディ:歌劇《ルイザ・ミラー》)
  • ロンド・ロッソ(メルカダンテ)
  • わが祖先の墓よ…やがてこの世に別れを告げよう(ドニゼッティ:歌劇《ランメルモールのルチア》)
  • 歌劇《シチリア島の夕べの祈り》序曲(ヴェルディ)
  • ありふれた話〔フェデリコの嘆き〕(チレア:歌劇《アルルの女》)
  • A列車で行こう(ストレイホーン)
  • スウィングしなきゃ意味ないね(エリントン)
  • アイ・キャン・ゴー・トゥー・ゴッド・イン・プレイヤー(黒人霊歌)
  • マティナータ〔朝の歌〕(レオンカヴァルロ)
  • セレナータ(マスカーニ)
  • 風に託そう私の歌(ビクシオ)
  • 《カルメン組曲》よりファンタジア・ブリランテ(ビゼー/ボーン)
  • ローマのギター(ディ・ラザーロ)
  • ジロメッタ(シベッラ)
  • 魅惑の瞳(デンツァ)
  • 歌劇《椿姫》第3幕への前奏曲
  • つばめは古巣へ(デ・クレシェンツォ)
  • 忘れな草(デ・クルティス)
  • 春風よ、なぜ私をめざめさせるのか(マスネ:歌劇《ウェルテル》)
  • 妙なる調和(プッチーニ:歌劇《トスカ》)
  • 星は光りぬ(プッチーニ:歌劇《トスカ》)
  • オ・ソレ・ミオ(ディ・カプア)
  • 誰も寝てはならぬ(プッチーニ:歌劇《トゥーランドット》)

出演

  • 出演
    ルチアーノ・パヴァロッティ
  • 合唱
    ハーレム少年合唱団
  • 演奏
    ニューヨーク・フィルハーモニック
  • 指揮
    レオーネ・マジエラ
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの