ステージ
TEAM NACS「マスターピース~傑作を君に~」

TEAM NACS「マスターピース~傑作を君に~」

9/25(土)午後5:30

2021年に結成25周年を迎えたTEAM NACSが贈る3年ぶりの舞台。昭和中期の日本を舞台に、シナリオライターたちがまだ見ぬ傑作を追い求め、脚本執筆に挑む!

森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真の5人からなる演劇ユニット・TEAM NACS。北海道の大学演劇サークルから始まり今年結成25周年を迎えた彼らが、前作から3年ぶりとなる第17回公演「マスターピース~傑作を君に~」を実施。2021年4月から6月にかけて、全国11都市、全57公演上演された。  
昭和中期の日本を舞台に、熱海の温泉宿で5人のシナリオライターが、まだ見ぬ傑作映画を生み出すべく脚本作りに挑むというストーリー。脚本を映画『桐島、部活やめるってよ』などで脚本を務めた喜安浩平が、演出をTEAM NACS第15回公演「悪童」に参加したマギーが手掛ける。各会場チケット完売続出で、今や“日本一チケットが取れない劇団”と称される彼らが作り上げる、ドタバタあり笑いありの渾身のステージをお見逃しなく。

My番組登録者数
  • 10
  • 1282
TEAM NACS「マスターピース~傑作を君に~」

2021年に結成25周年を迎えたTEAM NACSが贈る3年ぶりの舞台。昭和中期の日本を舞台に、シナリオライターたちがまだ見ぬ傑作を追い求め、脚本執筆に挑む!

日本が混沌の急坂を駆け上ろうとしていた昭和27年。新作映画のシナリオ執筆のため熱海の温泉宿を訪れた脚本家の諸澤(森崎博之)、乙骨(安田顕)、灰島(大泉洋)と、プロデューサー見習いの茶山(戸次重幸)の4人。泊まり込みで原稿と向き合う彼らの中に、温泉宿の風呂番・猫屋(音尾琢真)も加わり脚本作りに邁進する。進まない原稿にけんかや枕投げをしながら、そして時には温泉に浸かり、まだ見ぬ傑作「マスターピース」を求めて、5人の侍が刀をペンに持ち変えて、未踏の軌跡を描き切る。

収録日・収録場所

  • 2021年4月10日/大阪 COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

出演

  • 森崎博之
  • 安田顕
  • 戸次重幸
  • 大泉洋
  • 音尾琢真

スタッフ

  • 脚本
    喜安浩平
  • 演出
    マギー

関連特集

TEAM NACS最新公演放送記念!全話一挙放送!

土曜ステージ

関連特集

TEAM NACS最新公演放送記念!全話一挙放送!

土曜ステージ

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの