メニュー

映画
背徳の王宮

背徳の王宮

8/23(火)午前1:00

8/26(金)午前1:45

李氏朝鮮の暴君、燕山君(ヨンサングン)とその家臣などの男女の間で渦巻く愛憎を、エロス&アクション満載で描いた時代劇。「アシュラ(2016)」のチュ・ジフン主演。

李氏朝鮮の時代、暴君として知られた燕山君。彼とその周囲の愛と欲望が渦巻く人間模様を、エロスとアクション、両方の見どころ満載で描いた韓国産時代劇。封建的な時代とあって禁じられた愛が疎まれる中での背徳的で大胆なエロティシズム、迫力たっぷりなアクションが互いに高め合う相乗効果を生んでいる。キャストは「アシュラ(2016)」のチュ・ジフン、日本映画「外事警察 その男に騙されるな」にも出演したキム・ガンウ、「情愛中毒」のイム・ジヨン。監督は「愛の終わり、私のはじまり」のミン・ギュドン。

My番組登録者数
  • 225
背徳の王宮

李氏朝鮮の暴君、燕山君(ヨンサングン)とその家臣などの男女の間で渦巻く愛憎を、エロス&アクション満載で描いた時代劇。「アシュラ(2016)」のチュ・ジフン主演。

1505年。王の燕山君は凶暴な性格である上、異常に性欲が強い暴君だった。燕山君は家臣たちに国中の美女を王宮に集めるよう命じ、側近の臣下で燕山君の幼なじみでもあるイム・スンジェは1万人の美女を強制徴用し、官能の秘技を学ばせる。スンジェは貧しい生まれの娘ダニを磨けば輝く原石として注目するが、いつしか自分が彼女に魅せられていく。一方、王の寵妃チャン・ノクスはある美女を燕山君に気に入らせようとするが……。

作品データ

  • 原題/The Treacherous
  • 制作年/2015
  • 制作国/韓国
  • 内容時間(字幕版)/131分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
イム・スンジェ チュ・ジフン
燕山君(ヨンサングン) キム・ガンウ
ダニ イム・ジヨン
チャン・ノクス チャ・ジヨン

スタッフ

  • 監督
    ミン・ギュドン
  • 脚本
    ミン・ギュドン
  • 脚本
    イ・ユンソン
  • 撮影
    パク・ホンニョル
  • 音楽
    キム・ジュンソン

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの