映画
犬神の悪霊(たたり)

犬神の悪霊(たたり)

10/30(土)午前4:00

11/22(月)午前11:15

当時、洋画界では「オーメン」、邦画界では「犬神家の一族(1976)」がヒットする中、日本初のオカルト映画と銘打って生み出された異色の国産ホラー。監督は伊藤俊也。

1970年代半ば、オカルト映画ブームが到来する中、東映が〈犬神のたたり〉を題材にして放った和製ホラー映画の怪作(同時期に松竹は「犬神家の一族(1976)」と同様、横溝正史の原作を映画化した「八つ墓村(1977)」を発表してせりふの「たたりじゃ~」は流行語になった。地方の山村を訪れた青年が、車でほこらを壊し、犬をひき殺してしまったことから、呪われた怪異譚が開幕。「女囚さそり」シリーズの鬼才・伊藤監督のもと、大和田伸也、人気美人女優の泉じゅん、室田日出男らが圧巻の熱演を見せた。

My番組登録者数
  • 263
犬神の悪霊(たたり)

当時、洋画界では「オーメン」、邦画界では「犬神家の一族(1976)」がヒットする中、日本初のオカルト映画と銘打って生み出された異色の国産ホラー。監督は伊藤俊也。

ウラン鉱の探査のため、同僚たちとともに、とある地方の山村を訪れた東京の技師・加納竜次。ウランの鉱脈を発見し、喜んでいる最中、彼らの乗るジープが誤ってほこらを壊し、犬をひき殺してしまう。それから半年後、竜次は、村で見初めた村長の娘・麗子と結婚するが、その後、竜次の同僚たちが相次いで怪死。さらには、麗子も精神に異常を来すようになり、竜次は、犬神のたたりをはらうため、麗子を連れて村を再訪するのだが…。

作品データ

  • 制作年/1977
  • 制作国/日本
  • 内容時間/104分
  • ジャンル/ホラー

出演

役名 役者名
加納竜次 大和田伸也
加納麗子 泉じゅん
垂水隆作 室田日出男
垂水君代 岸田今日子
剣持佐和 小山明子

スタッフ

  • 監督
    伊藤俊也
  • 脚本
    伊藤俊也
  • 撮影
    仲沢半次郎
  • 音楽
    菊池俊輔

関連特集

月刊!オールナイトシネマ[伊藤俊也監督特集]

邦画のベテラン監督のユニークな足跡に迫る

映画に出会う![伊藤俊也監督特集]

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • BOWーWOW

    • ★★★☆☆
    • newmorning
    • 2021/09/04 23:29

    「犬鳴村」のレビューで少しだけ本作について書いたが、まさか本当にオンエアしてもらえるとは。ま、たまたまなんでしょうが、サンクス WOWOW。

    それにてもヘンテ
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

月刊!オールナイトシネマ[伊藤俊也監督特集]

邦画のベテラン監督のユニークな足跡に迫る

映画に出会う![伊藤俊也監督特集]

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの