映画
アナザー・ワールド 異次元の怪物

アナザー・ワールド 異次元の怪物

10/31(日)午後1:45

生まれて間もない妹が姿を消したにもかかわらず、両親は妹の存在すら覚えていない。兄である少年は、記憶を消す恐るべき怪物に立ち向かう。ロシア産ファンタジーホラー。

スラブ系の神話に登場する魔女バーバ・ヤーガの伝承を下敷きに、現代風の味付けを加えたファンタジーホラー。バーバ・ヤーガとは、老婆の姿をして森に住み、ときに子どもを取って食うという山姥的な魔物。本作では子どもをさらうだけでなく、関わる人間の記憶や子どもが存在した痕跡すらも消し去るという恐るべき能力を発揮する。母の死や父の再婚といった環境の変化を受け入れられず、反抗的な態度を取ってしまう主人公の少年をはじめ、それぞれ悩みを抱えた思春期の少年少女たちの冒険物語としても楽しめる。

My番組登録者数
  • 337
アナザー・ワールド 異次元の怪物

生まれて間もない妹が姿を消したにもかかわらず、両親は妹の存在すら覚えていない。兄である少年は、記憶を消す恐るべき怪物に立ち向かう。ロシア産ファンタジーホラー。

思春期の少年イゴールは、母の死の悲しみから立ち直れず、父やその再婚相手の継母にも反発していた。あるとき、生まれて間もない妹の面倒を見るため、彼の家にベビーシッターの女性タチアナがやって来る。彼女に不穏な気配を感じるイゴールだが、両親は相手にしない。そんな中、タチアナと妹が忽然と姿を消してしまう。イゴールは慌てて両親に訴えるが、なぜか2人は赤ん坊を覚えておらず、家中から妹の痕跡も消え去っていた。

作品データ

  • 原題/Yaga. Koshmar tyomnogo lesa
  • 制作年/2020
  • 制作国/ロシア
  • 内容時間(字幕版)/97分
  • ジャンル/SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
イゴール オレグ・チュグノフ
ダシカ(ダニヤ) グラフィラ・ゴルベヴァ
アントン アルチョム・ジグリン
タチアナ スヴェトラーナ・ウスティノヴァ
アレクセイ アレクセイ・ロズィン
ユリア マリヤーナ・スピヴァク

スタッフ

  • 監督
    スヴィヤトスラフ・ポドガイエフスキー
  • 製作
    イヴァン・カピトノフ
  • 製作
    スヴィヤトスラフ・ポドガイエフスキーほか
  • 脚本
    ナタリヤ・ドゥボーヴァヤ
  • 脚本
    イヴァン・カピトノフ
  • 脚本
    スヴィヤトスラフ・ポドガイエフスキー
  • 撮影
    アントン・ゼンコヴィッチ
  • 音楽
    ニック・スカツコフ

関連特集

サバイバルスリラー特集:生と死の狭間

生き延びようとあがく人々を描く緊迫編5本

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

サバイバルスリラー特集:生と死の狭間

生き延びようとあがく人々を描く緊迫編5本

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの