映画
ペイン・アンド・グローリー

ペイン・アンド・グローリー
現在、放送予定はありません。

第72回カンヌ国際映画祭でA・バンデラスが男優賞を受賞。スペインの名匠P・アルモドバル監督が老映画監督を物語の主人公に据え、その現在と過去を見つめた自伝的傑作。

スペインが誇る世界的名匠アルモドバル監督が、老境を迎えた映画監督を物語の主人公に据えて自伝的要素の濃い新作を発表。旧作の上映会をきっかけに長らく封印していた過去の記憶と向き合うことになった主人公が、かつてのさまざまな思い出をよみがえらせていくさまを鮮やかに描いて世界中で絶賛を博し、数多くの映画賞を受賞。彼の分身たる映画監督の主人公に扮したA・バンデラスが、第72回カンヌ国際映画祭男優賞を受賞したほか、主人公の最愛の母を、これまたアルモドバル映画の常連P・クルスが印象的に好演。

My番組登録者数
  • 0
ペイン・アンド・グローリー

第72回カンヌ国際映画祭でA・バンデラスが男優賞を受賞。スペインの名匠P・アルモドバル監督が老映画監督を物語の主人公に据え、その現在と過去を見つめた自伝的傑作。

老境を迎えた映画監督のサルバドール。世界的な名声を誇る彼だが、最近は心身ともに疲れ果て、引退同然のわびしい隠居生活を送っていた。そんな折、彼の初期の監督作が復元されて上映される運びとなり、彼と主演俳優のアルベルトを上映会のゲストとして招きたいというオファーが舞い込む。実はサルバドールとアルベルトは、同作をめぐって激しく対立し、長年絶交状態にあった。これを好機に両者は久々に再会して仲直りを果たし…。

作品データ

  • 原題/Dolor y gloria
  • 制作年/2019
  • 制作国/スペイン
  • 内容時間(字幕版)/114分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
サルバドール アントニオ・バンデラス
アルベルト アシエル・エチェアンディア
フェデリコ レオナルド・スバラーリャ
年老いたハシンタ フリエタ・セラーノ
若いころのハシンタ ペネロペ・クルス

スタッフ

  • 監督
    ペドロ・アルモドバル
  • 製作
    アグスティン・アルモドバル
  • 脚本
    ペドロ・アルモドバル
  • 撮影
    ホセ・ルイス・アルカイネ
  • 音楽
    アルベルト・イグレシアス

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの